等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
大宮戦&アラン・ピニェイロ選手加入に関する報道
昨日の大宮戦、劇的勝利でしたね!

大宮も首位のチームらしく球際の強さ、運動量はさすがだと唸らされましたが、そんな中でも勝利という結果を得ることが出来たのは本当に素晴らしいと思います。これで、中断明けの4連戦は3勝1敗。ミニ中断期間に入りますが、この調子をリーグ後半戦も期待したいところです。

さて、先日お伝えしたロブソン選手については続報がありませんが、新たにヴィトーリアからアラン・ピニェイロ選手の加入が報じられています。記事の要約を掲載します。

アラン・ピニェイロ選手が日本にレンタル移籍

Alan Pinheiro選手

ブラジル1部選手権のヴィトーリアの経営陣は7月17日午後、FWアラン・ピニェイロ選手(22歳)が川崎フロンターレに移籍することを明かした。移籍はレンタルで、契約期間は来週から来年1月1日まで。同選手は昨年、U-20ブラジル杯優勝に貢献し、注目を集めた。

2013年7月17日
Source: Bahia Noticias


パトリック選手の甲府への移籍が報道される中、ブラジルの若手FWに白羽の矢が立ったようです。中断期間中に加入発表があるのでしょうか。今後の動きに注目したいと思います。
ブラジルから若手の新CB獲得?
リーグ中断後から家庭の事情で帰国しているジェシ選手の状況も気になるところですが、ブラジルの若手CBにフロンターレがオファーを出しているという情報が入ってきました。Globo紙の報道です。

川崎FがバイーアのDFロブソンにオファー

川崎フロンターレがバイーアU-20チームのキャプテンのCBであるロブソン選手にオファーを出していることが判明した。バイーアの経営陣はすでにレンタル移籍の公式オファーを受け取っており、明日以降交渉が行われる模様。

ロブソン選手は最近プロ契約を結んだところだが、すでに日本チームのスカウトからの関心を集めていたようだ。レンタルの契約期間は今シーズンの終わりまでで、買取のオプション条項が付与されているという。

ロブソン選手は昨シーズン、U-20コパ・ド・ブラジルのベスト4進出に貢献した。

2013年7月3日
Source: Globo



ジェシ選手の詳しい情報がわからない中でのこのオファーのニュース。今後の動向が気になります。新しい情報が入りましたら、またお伝えしたいと思います。
3年ぶりの更新です
またしても長らく更新が滞ってしまいました。

前回更新が2009年6月ですから、もう3年も前ですね。

その間に、監督も関塚監督→高畠監督→相馬監督→風間監督へと移り変わり、選手もだいぶ入れ替わりました。
サポーターの数も増えましたし、等々力の雰囲気もだいぶ変わっているのだと思います。

管理人はといえば、相変わらず川崎に戻ることなく、でもフロンターレを引き続き応援しています。
今季はなかなか厳しいシーズンですね。第25節終了時点で降格圏内との勝ち点差が8ですから、もう少し勝ち点を伸ばして安心したいところではあります。また、けが人が絶えず発生していることも気がかりです。

しかしながら、シーズン途中での監督交代、そして選手自体の世代交代が進みつつある状況を見れば、これも致し方ないところがあるようにも思います。世代交代を進めながら、それなりの成績を残していくのは、どんな強豪チームであっても難しいこと。ここは、サッカーの内容を吟味しながら、新しいフロンターレというチームがどのような変貌を遂げていくのかをじっと見守る時期なのではないでしょうか。

チームがなかなか勝てないことに対するフラストレーションは、サポーターの間でも当然ながらあるでしょう。ただ、若手が大きく成長し、(例えばジュニーニョ選手のような)スペシャルな選手がいなくても戦える形を模索している様子から、新たなチームのあるべき姿が見えてきそうな気もしています。

まずは残留を決めてもらいたいとは思っていますが、その上で継続性のあるチーム作りを進め、次に繋がる戦いを見せてもらいたいものですね。

次節はFC東京戦、多摩川クラシコ。フロンターレが目指す未来図を透かしながら、懸命に戦うチーム、選手を応援したいと思います!!
ホドリゴ・ティウィ選手の移籍交渉まとまらず?
ホドリゴ・ティウィ選手の移籍に関する続報が入ってきました。

一時は移籍秒読みかと見られており、代理人も来日していたようですが、Record紙の報道における代理人のコメントによれば、どうやら交渉はまとまらなかった模様です。記事の要約を掲載します。

ティウィ選手の代理人が来日も・・・

本紙(Record紙)にて先週報じたように、ホドリゴ・ティウィ選手の代理人であるTeodoro Fonseca氏は現在、川崎フロンターレとの移籍交渉のために日本に滞在している。

同氏は昨日、ティウィ選手はヨーロッパでのプレー継続を望んでおり、現チームからのレンタルで移籍するつもりがないことを明らかにした。

2009年6月17日
Source: Journal Record


ジュニーニョ選手の残留も決まったところで、ほっとしたサポーターも多いのではないかと思います。こうなると、気になるのはレナチーニョ選手の契約がどうなるか、というところですが・・・。ここにきてティウィ選手の契約の可能性が小さくなってきたのは、レナチーニョ選手の契約継続に目処がついたからなのでしょうか。

もともと選手本人に移籍するつもりがないのであれば、代理人が来日することもないと思いますので、来日後に上記のようなコメントを出すことに少し違和感を感じます。この手の話は二転三転することも珍しくありませんので、少し今後の推移を見守りたいと思います。
ティウィ選手、フロンターレへの移籍を示唆
ホドリゴ(ロドリゴ)・ティウィ選手のフロンターレ移籍について、続報が入っています。速報と同じく、Record紙の記事を要約します。

ティウイ選手「今がチームを去るべきベストのタイミングだ」

ホドリゴ・ティウィ選手は、来シーズン現在のチームにとどまっていても出場機会は少ないと考えているようだ。そのため、出場機会を求めて移籍する可能性が高まっている。ティウィ選手は現チームと2年契約を結んでいるが、移籍の可能性について以下のように明言している。

「スポルティング・リスボンから移籍するなら、今がベストのタイミングだ。(取り沙汰されている川崎フロンターレへの移籍については)現段階では交渉の状況は分からない。私自身は現在オフを楽しんでいるが、(移籍交渉は進行中なので)来週のうちには何らかの進展があるのではないか」

ティウィ選手の移籍は、レンタルとなることが有力視されている。

2009年6月13日
Source: Journal Record


移籍報道での「来週中」というのはあまりあてにはなりませんが、近日中に移籍交渉の進展は公表されそうな雲行きです。また、続報が入りましたら折を見てお伝えしたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。