等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ACL バンコク・ユニバーシティ戦 写真
ACL第2戦目。過酷なインドネシアでの試合を制したフロンターレが今回迎えるのは、バンコク・ユニバーシティ。プロとして、またホームでの戦いという意味においても、絶対に勝たなくてはならない一戦でしたが、残念な結果となりました。どうしても「あと一歩」が届かない試合もあるのだと、改めて実感させられた気がします。

写真は、クリックしてどうぞ。

20070321a.jpg
本日出場を見送られた森選手は、選手席での見学。現在のフロンターレにとって、欠くことの出来ない大切な存在の森選手。心機一転、今後の活躍に期待です。

20070321b.jpg
試合開始。立ち上がりからしばらくはリズムに乗れない様子のフロンターレに対し、バンコク・ユニバーシティは積極的な動きを披露。ボールを持った選手に人数を掛けて囲い込み、高い攻撃意識を見せつけてきます。

20070321c.jpg
今季、左サイド不在の不安を払拭して、なお余りある活躍を見せている村上選手。攻守に力を尽くしますが、敵もさるもの。

20070321d.jpg

20070321f.jpg
競り合う場面では、いつも以上に高さが際だっていたフロンターレ。これだけの体格差があれば、必ずセットプレーで得点のチャンスが生まれるものと期待していたのですが・・・

20070321e.jpg
土曜の試合に続き、中盤には河村選手の姿が。中村選手との呼吸も良く、チャンスを作り出そうと懸命に走ります。

20070321g.jpg
ライン際、Gゾーン近くでの攻防。目前で繰り広げられる駆け引きに、サポーターはそれまで以上に声を枯らして声援を送り、全力で選手を鼓舞します。

20070321h.jpg
立ち上がりに失った1点を返せないままハーフタイムを迎え、追う立場での後半開始。円陣を組む前に、選手達が真剣に話し合う様子が見られました。

20070321i.jpg
週末の代表戦に招集のかかっている中村選手。いまや日本を代表するボランチとなった彼のプレーには、あらゆる方面から注目が集まります。

20070321k.jpg
驚異的な運動量と抜群のパスセンスで、ピッチを縦横無尽に支配するマギヌン選手。幾度となく素晴らしい突破を見せてくれましたが、あとわずかのところでゴールに届かず。

20070321j.jpg
そして、残り時間もわずかとなった後半32分、黒津選手のシュートが敵選手に当たり、ついに同点に!たとえオウンゴールでも、まずは1点。ここから何とかして逆転ゴールを!と、スタジアム全体が祈るような思いでピッチに気持ちを送り続けました。

 20070321l.jpg
しかし、無情にもこのまま試合終了のホイッスル。攻めて攻めて、必死の攻撃を繰り返したフロンターレでしたが、あと1点がどうしても奪えず、くやしいドローとなってしまいました。

どうしても勝ち点3の欲しかったホームでの試合。この結果を真摯に受け止めて、前を向いていくしかありません。まだまだ試合は続きます。気合いを入れていきましょう!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tdrk.blog4.fc2.com/tb.php/538-4424f62a
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。