等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Magnum選手Santosからの離脱の影響
Magnum選手らが移籍したことを受け、Santosは後半戦に向けて中盤の再構築を迫られているようです。SantosにおけるMagnum選手の位置付けはどのようなものだったのでしょうか。以下に、Gazeta Esportiva紙からのレポートを掲載します。

Santosは中盤の新たな可能性を見出したい

Clebel Santana選手の離脱とFabinho選手のフランスリーグへの移籍が決定的になったことによって、Santosの中盤には2つの穴が開いてしまった。

二人のレギュラーメンバーの不在を受け、Wanderley Luxemburgo監督はチームを再構築するために、新たな可能性にチャレンジしなければならない。もし、Fabinho選手が移籍してしまった場合には、Wendel選手がそのポジションに入ることが確実だ。

しかしながら、Cleber Santana選手のポジションに誰が入るのかは難しい問題だ。Magnum選手は川崎フロンターレへの移籍が確定的な状況にあるため、監督に残されたオプションは2つしかない。Andre選手かあるいはHeleno選手である。

上記は3-5-2のフォーメーションを想定した場合であるが、4-4-2で臨むのであれば、現実的にはRodorigo Tabata選手がCleber Santana選手のポジションに入ることになるだろう。

2006年6月29日
Source: Gazeta Esportiva


Magnum選手、Santosに在籍していれば、やはりトップ下のポジションでの活躍を期待されていたようです。フロンターレでも、2列目からのゴール前への鋭い飛び込み、そして得点を期待したいところですね。

正式発表はひょっとしたら「ファン感」かも知れません。しかし、いきなりの日本初イベントが「ファン感」で、チームメイトのあの姿を見てしまったら、Magnum選手はいったいどんな印象を持つのでしょう...

IMG_7612.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tdrk.blog4.fc2.com/tb.php/442-44a72878
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。