等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アウグスト選手、1アシストの活躍!
ブラジルから嬉しい情報が入ってきました。対CRB戦で久々の先発となったアウグスト選手が試合の流れを決定づける先制アシストを記録。チームも快勝と、これからもアウグスト選手の活躍から目を離すことが出来ません。以下に、ブラジル紙の記事の要約を掲載します。

ブラジリエンセ、CRBに4-1で勝利!

ブラジリエンセは、27日にホームでの第8節を戦い、CRBに4-1で勝利した。これでブラジリエンセは3勝目。初勝利のCoritiba戦では4-1で、第6節にはPaysanduに4-0で勝利しており、これまでブラジリエンセが勝利した試合では、いずれも4得点を挙げての勝利となっている。

これでブラジリエンセは勝ち点を10に伸ばし、チームの順位も9位に浮上した。

CRBが脅威を見せつけ、ブラジリエンセの闘志に火を付けた
試合開始直後の展開はやや慌ただしいものとなった。CRBは試合開始早々の3分、Schneider選手が右に展開し、Junior Amorim選手につなぐ。シュートはゴールの上を通り過ぎたが、CRBはその脅威をブラジリエンセに十分に見せつけた。

このプレーが、ブラジリエンセの積極性に火を付ける。その3分後の前半6分、今日は4バックの左SBとして先発したアウグスト選手からのクロスに反応したのはRodriguinho選手。シュートは相手ゴールキーパーの左側のバーに当たって、ゴールの中へ吸い込まれる。これでブラジリエンセは1-0と先制ゴールを奪った。

その後、Allan Delon選手が前半20分、31分に次々と加点し、3-0。その後、38分にはFWのJohnes選手が4点目を決め、4-0と、その後の前半における試合展開は、一方的なブラジリエンセのペースとなった。

CRBも意地を見せる
後半に入ると、ブラジリエンセのリズムは一歩後退。CRBが試合のペースを掴み始める。後半11分、ブラジリエンセのJairo選手がJunior Amorim選手をペナルティエリア内で倒してしまい、PKを献上。これをJunior Amorim選手が落ち着いて決め、スコアは4-1に。このムードで追い上げるかと思われたが、試合はこのまま終了。ブラジリエンセがホームで3勝目を挙げた。

次節は火曜日に行われ、ブラジリエンセはアウェイでRemoと対戦する(20時30分キックオフ)。

2006年5月27日
Source: Futebol Interior


久々の先発から、やはり活躍してくれたアウグスト選手。チームの成績も上向きですし、これからも益々の活躍が期待されます。

ところで、今日は札幌でサテライトの試合が行われます。残念ながら観戦には行けませんが、層の厚さを見せての快勝といきたいところですね。当然、こちらにも期待したいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tdrk.blog4.fc2.com/tb.php/425-2f93ff8d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。