等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ナビスコ 鹿島戦 写真
公式記録では気温23.6℃。しかし、遮るもののない直射日光が降り注ぐスタジアムは、それ以上に暑く感じられました。生ビールが実によく売れていたナビスコ予選最終戦。前回はアウェーで敗北した鹿島を迎えての戦いとなりました。


20060521f.jpg
試合は、立ち上がりから中盤の選手を中心に激しいぶつかり合い。一瞬で攻守の入れ替わるスピーディーな展開となりましたが、中村選手は終始落ち着いた様子。経験値を積み重ね、精神的にもチームの要として欠かせない存在となってきました。

20060521b.jpg
そしてもう一人のボランチ・谷口選手。客席から最も多くの感嘆の声を浴びていたのが彼。
強豪相手に一歩も引かず、いつも以上に攻撃的な位置に陣取ると、持ち前の当たりの強さで幾度となくボールを奪っては敵を翻弄。「近い将来の代表候補」の呼び声も、伊達ではないと証明してくれました。

20060521m.jpg
試合巧者の鹿島は、隙あらば一気に前線まで攻め上がろうとボールを回してきますが、DF陣が冷静に対応。攻め込まれても慌ててバタバタしない、という姿勢が徹底してきました。

20060521c.jpg

20060521d.jpg

20060521e.jpg
そして前半26分、マルコン選手のクロスに、ジュニーニョ・我那覇選手がゴール前に飛び込み、最後は鹿島の選手が押し込んでのゴール! どう見てもオウンゴールでしたが、オーロラビジョンには「GOAL ジュニーニョ」と表示されたため、とりあえずジュニーニョコールと大歓声がスタジアムを包みました。(オフィシャルの記録はやはりオウンゴール)。

20060521a.jpg
先制点につながるクロスを上げたマルコン選手。サイドからの積極的な攻撃が試合を動かしていきます。

20060521p.jpg
その後、1点を返され再び試合は振り出しに。さらに追加点を奪いにくる鹿島は、セットプレーを中心に猛攻を仕掛けますが、何とかしのぎきって、同点のまま前半終了。

20060521h.jpg
後半の早い時間に1点欲しいフロンターレ。ジュニーニョ選手を中心に次々と決定的な場面を作り出しますが、なかなかゴールが生まれず。それでも果敢に敵陣内深くまで切り込んでいく選手の姿に、サポーターも声を枯らして叫び続けます。

20060521g.jpg
ボランチのポジションを務める寺田選手も、長身を活かしてゴールに襲いかかりますが、あと一歩及ばす。

20060521t.jpg
それにしても暑い日でした。ピッチ上の体感温度は、30度を超えていたのではないでしょうか。

20060521n.jpg
クロスバー直撃の惜しいミドルシュートもあったマルクス選手。

20060521r.jpg
次の1点を巡って、互いに譲らず気力を尽くす両チームの選手達。カードも幾度となく出され、ヒートアップする場面も。

20060521i.jpg
後半残り15分程となったところで、黒津選手投入。出場時間は短くてもしっかり点を取る強力FWの登場に、大歓声が応えます。

20060521j.jpg
そして本当に、交代からわずか6分後に貴重なゴールを決めた黒津選手!「鹿島は引き分け狙いなのか?」と訝しんだ程の堅い守りの一瞬の隙をつき、見事に決めてくれました! 気の早いサポーターからは「次は駒場かぁ・・・」の声も。

20060521q.jpg
残り10分、たとえ同点にされても予選1位通過は変わりませんが、勝たなくては意味がない! アバンテのリズムでスタジアムが一体となり、最後のホイッスルを待ちました。

20060521s.jpg
そして試合終了!昨年のK点越えに続き、見事ホームで強豪鹿島を打ち破ることが出来ました! 久し振りにスタメンに復帰した吉原選手も嬉しそうです。

20060521l.jpg
インタビューを終え、「あんたが大賞」を受け取る黒津選手。賞品は「ふくしまの米500kg」と同じく米から出来た「塩煎餅」。

2006051m.jpg
お立ち台に上り、嬉しそうに華族タオルを広げる黒津選手。決勝トーナメントでも期待しています!

次の対戦相手は浦和レッズ。昨年のリーグ・アウェー戦での悔しく悲しい敗戦と、シーズン最後の戦いとなったクリスマスイブの敗戦は忘れることが出来ません。簡単に勝てる相手ではないですが、気合いを入れていきましょう!
コメント
この記事へのコメント
鹿島戦
鹿島戦お疲れ様でした。
炎天下でしたけど、
久々にレインウエア以外で応援できて楽しかったです。

出場停止明け、谷口選手のプレイに釘付け。対人の強さはすごいですね。特にこの試合では痛感しました。

ところで、鹿島の内田くん。
きゃしゃな身体つきなのに
きれのいいプレイ。オールスター投票1位もうなづけます。
てっきり勇介とマッチアップすると勘違いしていて、先輩ー後輩対決だなあなんて思っていたんですけど、
彼も右サイドだったんですね(笑)

7日のチケットはとれましたが
浦和のチケットはどうなるかな。
日曜日のサテライトも楽しみです。
2006/05/23(火) 22:17:01 | URL | KAZ #-[ 編集]
お疲れ様でした
KAZさん、コメントありがとうございます。
暑い中の観戦、お疲れ様でした。
日差しがキツイのは大変ですが、やっぱり晴れた日のサッカーは良いですね!
谷口選手は、試合を重ねる度に確実に成長している気がします。これからが実に楽しみです。
2006/05/24(水) 23:19:37 | URL | 等々力時報 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tdrk.blog4.fc2.com/tb.php/422-06191485
この記事へのトラックバック
質問です。ぶっちゃけ駒場とさいスタどっち使いたいの?いや、ウチらぐらいのサポ数だと2万規模のスタで丁度いいのですが、浦和サポの数を考えたら駒場だと手狭ではないですかと。他サポから見て、駒場使うことが「自分で自分たちのチケ減らしている」と…6万規模のスタ使え
2006/05/23(火) 19:14:13 | 鯆組Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。