等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アトレチコ・パラナエンセでのマルコン選手(2)
引き続き、マルコン選手のインタビュー記事の抜粋要約を掲載致します。ソースはFuracao.comです。

-----
「アトレチコのマルコンとして」(2)

-もしもどのポジションでプレーしたいですかと聞かれたら、何と答えますか?

「センターバック。当然、必要ならば左サイドでもプレーをするが、非常に正直に答えるならば、私はセンターバックでプレーしたいと思う」

-”4-4-2”のように、2人のセンターバックしかいないようなスタイルで、センターバックとしてプレーすることに関してはどう思いますか?

「そういうスタイルでのプレーは既に経験している。コリチーバとの試合では、0-1で負けている局面で4-4-2のシステムでプレーすることで、チームのパフォーマンスは改善された。こうすることで、チームはより攻撃的になる。このように、2人のセンターバックを置くシステムで既にプレーしているし、私は何の問題も無いと思っている」

-コリチーバとの試合において、我々はどうしてもあなたがコリチーバでサッカー選手としてのキャリアをスタートさせたことを思い出してしまうのですが、もう深い思い入れは無いと見て良いのですか?

「その通り。なぜなら、私はそこでは2~3試合しか出場機会がなかったから」

-しかし、コリチーバと戦うときのモチベーションは相当高いものがありますね?

「正直に言えば、その答えはイエスだ。もし私がノーと言ったら、それは嘘になってしまうだろう」

-APRと契約したときの、友人や家族からの反応はいかがでしたか?

「もちろん、非常に喜んでいたよ」

-あなたの家族は、どちらのチームのサポーターなのですか?

「私がコリチーバにいたときは、試合を見に来てくれていたけど、サポーターではなかったね。でも、現在では私の兄弟はAPRのユニフォームを着て歩いているよ。これは、私がAPRでプレーしているから、という理由だけではないと思うよ。おそらく、もし私がAPRから去ることになるとしても、彼らはAPRのサポーターであり続けるだろう」(続く)

2004年12月16日21:20

-----

左サイドのスペシャリストとして紹介されているマルコン選手ですが、当時はセンターバックもこなしており、思い入れもあったようです。家族も含めて所属チームのサポーターになるという姿勢は、アウグスト選手を彷彿とさせます。

次回は、サポーターの存在や、負けた後の悔しさについてマルコン選手が語る、インタビューの後半部分を掲載する予定です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tdrk.blog4.fc2.com/tb.php/366-a84ad98e
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。