等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
FC東京戦 写真
PSMも含め、今年に入って4度目の訪問となる味の素スタジアム。
先制した時は「勝てる!」と思ったのですが・・・ やはりこれがJ1の厳しさでしょうか。
写真は、クリックしてどうぞ。


1126-j.jpg
アップ前、挨拶に来てくれた選手達。リーグ戦も残りわずか2試合となり、選手もサポーターも気合いが入ります。

1126-a.jpg
左膝内側側副靭帯損傷から、驚異の回復を成し遂げた谷口選手がスタメン出場。10月1日の新潟戦で「全治8週間」だと聞いたときは、今シーズン残りの試合は絶望だとガッカリしたものですが・・・ 頼もしい男が帰ってきてくれました。

1126-b.jpg
ここ2試合得点のなかったフロンターレですが、22分、中村選手の目の覚めるようなミドルシュートが決まって待望の先制点! サポーターも「ここはクロスを上げるんだろう」と騙された、絶妙のタイミング。

1126-c.jpg
その直後、今度はジュニーニョ選手がドリブルで仕掛けて一気にゴール前へ。続けて2点目が決まるかと思われましたが、残念ながらここはGKがキャッチ。

1126-e.jpg
サポーターの目前で展開されるセットプレー。いつも以上に心臓に悪い思いをさせられますが、きっちり守って敵のチャンスを潰していきます。

1126-d.jpg
何故か笑顔の東城主審。

1126-f.jpg
今節、なんと右サイドでのスタメン出場となった相馬選手。年齢を感じさせないスピードで縦横無尽にピッチ上を駆け回り、ベテランならではの素晴らしい活躍。
客席からは「あれで本当に引退しちゃうのかよ・・・」という声があちこちから聞かれました。

1126-g.jpg
後半に入り、何が何でも追加点の欲しいフロンターレ。アウェイ席側に攻め上がる選手達に、サポーターは正面から大声援を送り続け、勝利を祈りました。

1126-h.jpg
ジュニーニョ選手も厳しいプレッシャーの中から果敢にゴールを狙っていきますが、しかしなかなか「あと1点」が奪えず。
時間を重ねる毎にFC東京の攻撃は勢いを増し、ついに78分、痛恨の同点ゴール。

1126-k.jpg
両チームとも、勝ち点3を奪うために全力でぶつかり合い、息つく間もない猛攻撃の仕掛け合いとなった終盤戦。終了のホイッスルが響いた瞬間、ピッチに倒れる選手の姿が見られるほどの、白熱した戦いとなりました。

1126-i.jpg
2連敗しているだけに、どうしても勝ちたかったこの試合。先制しながら勝ちきれなかった悔しさはいつも以上でした。
・・・しかし、次はリーグ戦最終節。ホームで、相手は優勝の可能性を残したG大阪。我らの等々力で胴上げを許すわけにはいきません。相手にとって不足無し。何が何でも勝利して、有終の美を飾りましょう!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tdrk.blog4.fc2.com/tb.php/346-b5717747
この記事へのトラックバック
J1リーグも残すところ2節となり優勝争い、降格争いも佳境に入った。11月26日(土)味の素スタジアム開催されたFC東京対川崎フロンターレの対戦に関して言えば優勝、降格どちらの争いにも無関係な9位と6位のクラブの消化試合である。しかし、川崎Fには年頭のJ1
2005/11/28(月) 12:09:43 | ガンバレ少年・少女サッカー!富士見丘少年蹴球団・富士見丘アンジェリーナ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。