等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
神戸戦 写真
神戸戦の写真です。
写真は、クリックすると少し大きくなります。

1112-A.jpg
試合開始前に行われた、親子サッカー教室。フロンターレの選手も一緒になって、実に楽しそうでした。

1112-O.jpg
本日のサイン会は、佐原・久野選手。人気選手が揃ったとあって、サイン会場は黒山の人だかり。

1112-B.jpg
木枯らし1号が吹きつけた本日の等々力はかなりの寒さ。日が落ちると、実際の気温(15.4℃)以上に風を冷たく感じました。

1112-C.jpg
試合開始から10分、絶好の位置でFKのチャンス。キッカーはマルクス選手。

1112-D.jpg
これが見事に決まり、幸先の良い先制点! 遠くからではマルクス選手が直接決めたかのように見えましたが、ジュニーニョ選手が絶妙のタイミングで触れていました。

1112-E.jpg
本日のボランチは原田選手。鋭いミドルシュートを放つ場面も。

1112-P.jpg
1ヶ月近く戦列を離れていた寺田選手も、めでたく復活。アウグスト選手に「日本で一番上手いDF」と言わせる彼の存在なしに、フロンターレは語れません。

1112-F.jpg
先制点後、なかなか追加点が奪えないでいたフロンターレでしたが、38分にまたもやFKのチャンス。蹴るのはどっちの選手・・・? サポーターは息を飲んで見守ります。

1112-G.jpg
            
1112-H.jpg
蹴ったのはアウグスト選手。ボールは壁を擦り抜け、実に美しい軌跡を描いてゴールネットへ!

1112-I.jpg
久し振りに披露された見事なFK。よほど嬉しかったのか、試合が再開されても踊り続けるアウグスト選手。

1112-J.jpg
しかし後半に入ると、神戸に1点を返され苦しい状態に。絶対に負けられない神戸選手の気迫に押され気味になりながらも、もう1点を奪いに行きます。

1112-K.jpg
「幻のゴール」もあった我那覇選手。彼のアシストで3点目のゴールが生まれ、試合は再び2点差に。

1112-L.jpg
試合終了のホイッスル。3-1での見事な勝利となりました! 
笑顔の相澤選手。実は彼が等々力の守護神となった7月6日のFC東京戦以来、ホームでは1度も負けていないのです!

1112-M.jpg
相馬選手。来シーズンからこの姿が見られなくなると思うと寂しいですが、まだまだ時間は残っています。今後の活躍に期待!です。

1112-N.jpg
本日の「あんたが大賞」は文句なしのジュニーニョ選手。


リーグ戦は、残り4試合。ひとつでも多くの試合に勝って、ひとつでも上の順位を目指していきましょう!
コメント
この記事へのコメント
お邪魔致します。
相澤選手、ジョニーニュの笑顔の写真最高ですね。随分近くの席で撮られてるのですね。自分も望遠専用デジカメ手に入れようかな?
2005/11/14(月) 22:46:36 | URL | さぶ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
勝った試合後の、選手の笑顔は本当にいいですね。レンズ越しに見ていても、こちらまで嬉しくなってしまいます(*^_^*)
2005/11/14(月) 23:30:21 | URL | 等々力時報 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tdrk.blog4.fc2.com/tb.php/339-c998a0dd
この記事へのトラックバック
寒かった~、神戸戦。試合の内容もチット寒かった。      神戸サポ皆さん、お疲れさまです。前回の佐川戦を悪いところを引きずるような川崎フロンターレ、どうも自分達のリズムが作り出せないでいるように見えた。3得点のうちセットプレーからの得点が2。勝てば結果
2005/11/14(月) 22:48:19 | 等々力へ行こう!
11月12日(土)川崎フロンターレはJ1リーグ第30節をホーム等々力競技場にて行った。相手はJ2降格候補No1の神戸である。前節の浦和は優勝戦線の生き残り、今節は神戸は残留へとガチンコで向かってくる相手が続く。そして遂に概要が発表された川崎フロンターレ設
2005/11/14(月) 17:16:46 | ガンバレ少年・少女サッカー!富士見丘少年蹴球団・富士見丘アンジェリーナ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。