等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【J1第6節】●川崎フロンターレ-名古屋グランパス(0-2)
FW:フッキ→黒津 勝、我那覇和樹
MF:マルクス、アウグスト、長橋康弘、中村憲剛、谷口博之→ 相馬 直樹
DF:伊藤宏樹、寺田周平→佐原 秀樹、箕輪義信
GK:吉原 慎也

主力のジュニーニョ選手を怪我で欠き、若手のフッキ選手を初起用しての名古屋戦。残念な結果となってしまいました。
「パスを受けたらまずジュニーニョ選手の位置を確認する」という、いままでのスタイルが仇となってしまったのか、選手達の動きにどこかちぐはぐした面が見られました。中盤で思うようにボールをキープすることが出来ず、カウンターでゴールを狙っても、なかなかフィニッシュまで持ち込むことが出来ません。

前半42分に決められてしまったフリーキック。あれがJ1というものの怖さだったように思えます。去年までなら、あの位置から直接ゴールネットを揺らすことが出来るのは、我がアウグスト・マルクス両選手くらいだったと思うのですが・・・

後半に入り、痛恨の2点目を奪われた後も、選手もサポーターも最後まであきらめることなく必死の戦いを続けましたが、とうとう勝ち点を挙げることは出来ませんでした。日本代表・楢崎選手の守るゴールにボールが突き刺さる瞬間を見たかったのですが、残念です。

試合終了後、ジュニーニョ選手に続き我那覇・寺田選手も負傷したとの情報が入ってきました。攻守の要を欠いた状態で強敵との対戦が続くことになりますが、ここが踏ん張りどころです! 今まであまり出場機会のなかった若手選手には絶好のチャンス、ベテラン選手は今までの経験が試される場として、今まで以上に奮起してもらいたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tdrk.blog4.fc2.com/tb.php/241-2851a025
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。