等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【J1第1節】柏レイソル-川崎フロンターレ△(1-1)
FW:ジュニーニョ、我那覇和樹
MF:マルクス、アウグスト→佐原秀樹、長橋康弘、山根巌→飯尾一慶、久野智昭
DF:伊藤宏樹、寺田周平、箕輪義信
GK:下川誠吾

【得点者】
ジュニーニョ(89分)

薄氷の引き分け、と言って良いのではないでしょうか。

試合を通じて柏レイソルが押し気味の展開となりましたが、後半33分に柏レイソルの山下選手に先制されてしまいます。しかし、後半終了間際に、長橋選手の右サイドからのクロスをアウグスト選手がヘッドで合わせ、いったんはGKに阻まれたものの、そのこぼれ球がアウグスト選手からジュニーニョ選手に渡り、それを押し込んで同点としました。

試合はそのまま終了。1-1のドローとなりました。ただでさえ初戦の入り方は難しいのですから、最後の同点ゴールで、何とか勝ち点1を取ることが出来たのは、非常に大きな収穫と考えて良いと思います。

しかしながら、今回の試合でいくつか課題が出てきたことも事実だと思います。まずは、やはりプレーのスピード及び精度をもっと上げていかないといけないということ。プレーを止めてしまえば、当然相手からのチェックがかかり、思うような展開が出来なくなってしまいます。判断を含めてよりスピードを上げていくことが重要になりそうです。勿論、これは焦っても仕方のないこと。この辺りはじっくり適応してもらえれば良いのだと思います。

それから、中村憲剛選手不在の中、中盤からのビルドアップについても課題を残したのではないでしょうか。山根巌選手も守備・前線へのボール供給・ミドルシュートなど、かなり頑張っていたと思いますが、やはりサイドへのボールの散らしや、ジュニーニョへの効果的なボールの供給をもっと行っていかないと、なかなか相手DF陣を破ることが出来ないのかもしれません。

しかし、課題が見えたのは決して悪いことだとは思いません。その中で勝ち点1を獲得出来たのですから、一歩前進と前向きに捉えて良いのではないかと思います。

次節はホーム開幕戦。等々力競技場での対浦和レッズ戦となります。好試合を期待したいですね!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tdrk.blog4.fc2.com/tb.php/208-4edae793
この記事へのトラックバック
事前学習を終了して敵状視察。アウェー等々力での川崎戦です。 柏×川崎、シュート数
2005/03/10(木) 06:59:26 | 與野レッズBlog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。