等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【PSM】FC東京-川崎フロンターレ○(0-1)
FW:ジュニーニョ、我那覇和樹→木村誠
MF:長橋康弘、中村憲剛、久野智昭→山根巌、アウグスト→フッキ、マルクス
DF:箕輪義信、寺田周平、伊藤宏樹
GK:下川誠吾

【得点者】
ジュニーニョ(22分)

「さすがにJ1はプレーが早い」そう感じた立ち上がりでした。激しいプレスから繰り出されるFC東京の攻撃に、フロンターレの選手はやや戸惑っていたようです。

しかし、猛攻をしのぎつつ迎えた前半22分。中村憲剛選手のシュートのこぼれ球をジュニーニョ選手がきっちりと押し込んで先制点を挙げました!!

ここからは、フロンターレらしい戦いぶりを見ることが出来たように思います。アウグスト選手が下がった4バック気味の守備が上手くはまった形となり、FC東京は中盤からのボールの出しどころが無くなってしまった感じです(但し、関塚監督によると、特にこの形は指示により実行されたものではないようです)。

セットプレーを含め、危ないシーンは何度かありましたが、無失点で勝利出来たことは大きな収穫だと思います。特に、ロングボールを放り込まれる場面では、持ち味のDFの高さが生かされ、安定感がありました。

フロンターレとしては、収穫、課題双方が見えたこの試合。PSMとして、有意義だったのではないかと思います。収穫としては、最終ラインや素早い攻撃がJ1でも通用することがある程度見えた点が挙げられるでしょう。一方、課題としては、やはり中盤でボールの支配の仕方、如何に悪い形で奪われないようにするか、という所ではないでしょうか。この辺りをしっかり修正し、シーズン開幕を迎えたいところです。

しかし...先日の練習では元気な姿を見せていた相馬選手、どうしたんでしょう?ちょっと気になりますね...
コメント
この記事へのコメント
初めまして!
FC東京サポですがお邪魔します。
昨日は味スタへの遠足にお越しいただきまして、ありがとうございます。
そしてお疲れ様です。
開幕前に我がチームを引き締めて頂いて感謝しております(汗)

試合を通して川崎を観るのは久々でしたが、正直うちは失点後に何もさせてもらえませんでした。
公式戦だったらと思うとゾッとします。
川崎は昨日の試合では仕上がり具合はどの程度なのでしょうか?
非常に組織されており、奪った後のカウンター、攻守の切り替えに意思の疎通を感じました。
J2ぶっちぎり優勝は伊達ではないな、と脅威を覚えましたよ。
得点力がクローズアップされているイメージが強いですが、守備力も相当なものですね。
うちは全く崩せませんでした。いや縦パスすら入れられない状態でしたよ。
ジュニーニョは速いですね~。浦和のエメルソンから得点を許さないうちの守備陣がかなりやられてました。
ただ、個人的に最も目に付いたのが14番の中村選手?です。
視野が広くポジショニングが素晴らしいので、ボールを受けてから次の展開へと完全にゲームを作ってましたね。
技術も高いと思いましたが、それ以上に頭脳が素晴らしいなと。
久野選手?とのバランスが良いのも彼の良さを引き出す要素なんでしょうね。
相手選手ながら惚れさせてくれるプレーを見せ付けられました(笑)

今週末からいよいよ開幕ですね。
お互いにとって充実したシーズンになればいいですね。

長々と失礼しました。
これからもどうぞヨロシクです。

《P.S》 既に7月の川崎vs東京@等々力、チケット購入済です(笑)
PSMの借り(というか教訓)を返しに行きますので、その時はお手柔らかに。
2005/03/01(火) 00:07:20 | URL | TATSU #-[ 編集]
こちらこそ!
当サイトへのご来訪、コメントありがとうございます。先日のPSMは、久々のサッカー観戦でしたが、バックスタンドでは日差しも暖かく、快適に観戦することが出来ました。味の素スタジアムは良いスタジアムですね。

今回の川崎フロンターレの仕上がり具合は、恐らく全体としては70~80%という所だと思います。中盤でのパスミスも目立ちましたし、その辺のコミュニケーションという意味ではまだまだかと。但し、最終ラインと攻撃陣の動きは、トップフォームに近付いているのではないかという印象です(前半のバタバタしていた時間帯は除きます)。

ジュニーニョ、中村憲剛両選手は、フロンターレの要となる選手です。褒めて頂いてありがとうございます。

ジュニは、スピードに乗った突破、フィニッシュが魅力ですが、昨年からは周りを生かすプレーも目立つようになってきました。この辺は、今年も期待したい所です。

ケンゴは、元々トップ下の選手なのですが、昨年からボランチに入り、一気にブレークしました。先日の試合では「だいぶ慌てているなぁ」と思って見ていましたが、お目にとまったなら幸いです(笑)。後半は落ち着いてプレーしていましたけれど...

しかし、キックオフ直後の激しいプレス、早い突破は「さすがFC東京」という感じでした。今年のフロンターレは、ある程度カウンター主体にならざるを得ないのかもしれません。

7月の等々力での試合、是非お越し下さい。こちらこそ、お手柔らかに...(笑)
2005/03/01(火) 09:24:40 | URL | 等々力時報 #TiAyPCW6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tdrk.blog4.fc2.com/tb.php/197-f92f73b7
この記事へのトラックバック
J1開幕まで1週間を切りましたね。今年はW杯最終予選とも重なっており、去年以上の盛り上がりを見せることでしょうね。レッズ、マリノスの2強に、天皇杯・ゼロックスカップ優勝で勢いに乗るヴェルディ、大型補強に成功したジュビロなどの強豪にJ2から昇格したフロンターレが挑
2005/02/28(月) 13:18:30 | 足立区民の雑感blog?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。