等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
値千金のアウェイでの勝利!
本日行われたナビスコ杯準決勝対横浜FM戦、フロンターレは見事な勝利で飾りました!

全体を通してみても、選手達の気持ちの入った良いゲームだったと思います。「同じ相手に3度続けて負けるわけにはいかない」という意地、「絶対にタイトルを獲ってやる」という気合いが全ての選手の表情に感じられました。
4バックで臨んだ前半、中村選手からテセ選手に入ったスルーパスで最初のチャンス。後から振り返ってみれば、このプレーが横浜FMサイドの守備の思惑を狂わせたのではないでしょうか。リズムに乗った、フロンターレらしいサッカーが展開される試合運びとなり、流れは完全にこちらのものでした。

そして、前半15分に待望の先制点!!マギヌン選手とジュニーニョ選手の見事な連携が見せたゴールでした。その後、一進一退の攻防が続きますが、スコアは0-1で前半終了。勝負は後半へと縺れ込みます。

後半は横浜FMペースでのスタート。開始2分、ゴール前で混戦となったところを山瀬(幸)選手に決められてしまい、1-1。その後、フロンターレは井川選手を投入し、3バックの布陣に転換します。

その後、待望の勝ち越しゴールはPKによってもたらされます。後半15分、マギヌン選手がエリア内で倒され、判定はPK!心臓が飛び出しそうな思いでサポーターが見つめる中、これをジュニーニョ選手が落ち着いて決めて、1-2とし、再びリードを掴むことができました。

しかし、アウェーゴール計算するまでもなく、絶対に負けられない横浜FMもここから攻勢に転じてきました。試合終盤にかけてパワープレーの脅威にもさらされ背筋の凍る思いを味わいましたが、川島選手の獅子奮迅の活躍もあり、見事守りきることができました!!

これで、ナビスコカップノックアウトラウンド準決勝第一戦は1-2で勝利。三日後、10月13日(土)に向けてアドバンテージを得ることに成功しました。是非、ホームでは1人でも多くのサポーターでチームを後押ししたいと思います!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。