等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
価値あるドロー
過密日程、長距離の移動、慣れない気候、完全アウェーの敵地・・・ 今までフロンターレが経験したことのない厳しい戦いは、無失点に抑えてのドローとなりました。

前半のテセ選手のシュートなど、惜しいチャンスもいくつか作れていただけに「勝ちたかった!」という思いは当然ありますが、まずは引き分けに持ち込めたこと、無失点に抑えられたこと、それを評価したいと思います。ピッチに発煙筒(爆竹?)が投げ込まれるような状況の中、最後まで集中力を切らさずに戦い抜けたことは、今後につながる収穫ではないでしょうか。

試合は、前半こそフロンターレらしいリズムが作れていたものの、後半に入ってから選手達のペースが落ち、過酷な状況下の試合であることを痛感させられました。しかしそんな中、GK川島選手を中心とするDF陣がよく踏ん張ってくれたと思います。特に後半15分過ぎ、1対1に持ち込まれた場面で川島選手が果敢に飛び出した場面は、身の凍る思いがしましたが、素晴らしいセーブを見せてくれました。絶対に上を目指してやるんだという揺るぎない決意。勝てはしませんでしたが、強いチームになったんだな、と思います。

そして、現地まで駆けつけたサポーターの方々。

あれだけの敵地で、聞き慣れたフロンターレの応援歌が聞こえてきたときには鳥肌が立ちました。直前情報では女性サポの入場が厳しいのではないか、などとも伝えられ心配しましたが、元気に声を張り上げている様子が確認できてホッとしました。フロンターレを応援するためなら、たとえ火の中水の中。彼等のその熱い思いが、どれほど選手達を力付けたことか。本当に頭が下がります。

お疲れ様でした!どうぞ気をつけて、無事帰ってきて下さい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。