等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
小瀬で勝ちました!
「何故かここでは勝てない」という、嫌な場所のひとつ、小瀬で見事勝利することが出来ました!

立ち上がりの失点のシーン、またもやセットプレーでやられてしまったのは反省材料ですが、そこから慌てず立て直していけたこと、気持ちを切らさずに攻め続けられたことは収穫だと思われます。連戦の疲れ、ACL予選突破を決めた後の集中力を心配しましたが、サポーターの予想以上に選手達は逞しくなっていたようです。

この試合、見所のひとつは森選手と茂原選手のマッチアップでした。プライベートでも仲の良い様子の両選手、丸刈り経験者という意味でも微妙に共通点のある2人の駆け引きは、顔だけでない迫力を醸し出す、見応えのあるものだったと思います。試合後、森選手は「茂原はうまかった。やりづらかった」と敵に賛辞を贈っていますが、ここまで5ゴール(現リーグ7位)を決めているストライカーに、1本もまともなシュートを打たせなかったというのは、見事と言うほかありません。今節初ゴールも決めた森選手。「感覚は何もつかんでないっす」などと言わず、これからもガンガン活躍していって欲しいものです。

そして、あの90分間で最大の見せ場は、やはり黒津選手が見せた「GKからのボールかっさらいパス」でしょう。録画したTV画面で何度も確認しまたが、あの一瞬の隙にどうやってあそこまで走り込めたのか。キーパーまでの数十メートルを瞬間移動したとしか思えないあのスピードは、驚異的と言っても足りない程です。トップスピードに乗るまでの早さ、阿部選手の「あのまま右足でければタッチラインに出せた。でもトラップして左でクリアしようと思った」という判断ミスに気づいた瞬間には体が動いている瞬発力。日本代表候補に初選出されたのも納得の素晴らしさです。次節大分戦から我那覇選手が出場可能となりますが、テセ選手も含め、FWスタメン争いは熾烈な戦いになると思われます。

7連戦を終えて5勝1敗1分。故障者・出停者を出しながら、これだけの結果を残せたのは、選手・スタッフ・サポーターが一丸となっての努力のたまものだと思われます。「タイトルを獲る!」という目標のためには、まだまだこれからが正念場。暑い季節がやって来ますが、気合いを入れていきましょう!
スポンサーサイト
アレマ・マラン戦 写真 おまけ
20070509q.jpg
律儀にアスパラの箱を使用。実にフロンターレらしい、手作り感溢れる賞品。
アレマ・マラン戦 写真
選手・スタッフ・サポーター、皆の気持ちがひとつになって手にした勝利。アレマ・マラン戦の写真です。

20070509c.jpg
村上選手の怪我により、本日急遽スタメン起用となった河村選手。突然の出番でも安心して任せられる実力の持ち主です。彼の左右に谷口・中村ボランチコンビが陣取り、川崎山脈に森選手を加えた4バックというフォーメーション。

20070509b.jpg
ジュニーニョ選手と2トップを組むのはテセ選手。残念ながら相手GKに阻まれたものの、力強いヘディングシュートも見せてくれました。

20070509e.jpg
試合は、定時退社では間に合わなかったかもしれない電光石火・ケンゴゴールで先制するものの、その後は引きこもる敵を相手に追加点が奪えない展開に。後半13分、関塚監督は原田選手を投入してシステム変更。次の1点を狙いにいきます。

20070509g.jpg
原田選手投入により、それまで以上にキレのある攻撃が見られるようになった谷口選手。フロンターレの「末っ子」的なイメージが強かった彼も、いまでは頼もしい中盤の支柱です。

20070509h.jpg
たとえこのまま試合が終わっても予選突破。しかし、そんな考えは誰一人持たず、持てる力の全てを出して戦い続けるフロンターレ。そして後半25分、中村選手がドリブルで敵DFをこじ開けゴール!貴重な貴重な追加点です!

20070509i.jpg
試合後「サポーターがチームと一緒に同じ気持ちで戦ってくれていることが嬉しい」と言ってくれたジュニーニョ選手。これだけの才能の持ち主が、このチームに誇りを持ち、このチームを心から愛してくれていることを、本当に嬉しく思います。

20070509j.jpg
後半35分、そのジュニーニョ選手からクロスが上がり、原田選手が駄目押し3点目!予選突破を決定的なものとするゴールに、サポーターの歓声も最高潮。「歴史的瞬間」まで、あと10分!

20070509k.jpg
残り時間も決して気を抜かず、全力で戦い続ける選手達。この真摯な姿勢こそ、フロンターレの武器なのです。

20070509l.jpg
試合終了!38度を超える高熱を押して走り続けたマギヌン選手を、川島選手がガッチリと抱き寄せ健闘を称えます。

20070509m.jpg
今日ばかりは、監督も一緒にサポーターの前へ。我々に夢を見せてくれる名将を、割れんばかりの拍手と大歓声が迎えました。

20070509n.jpg

20070509o.jpg

20070509p.jpg
リーグ勢初となるACLグループリーグ突破!全力で戦い抜いた選手達に、実に素朴な豪華賞品が次々に手渡され、お祝いムードを盛り上げます。

遂にやってくれた我らがフロンターレ。しかし、川島選手のコメントにもあるように「予選突破して何かが残るわけではない。トーナメントで勝ち残って結果を出してこそ」です。リーグ戦ももう間近。この勝利に浮かれることなく、次の戦いに向けて、しっかりと気を引き締めていきましょう!

遂にやりました!
見事ACL予選突破! 我らがフロンターレ、遂にやってくれました!

日本チームで初めて、とか、注目されていた某赤いチームより先に決めた、という事も勿論嬉しいのだけど、この連戦の中、頑張った選手達・監督のあの笑顔。サポーターの前で両手を挙げて、「やったぜ!」と得意気に胸を張って見せてくれた彼等の笑顔が、何より嬉しい。 本当に良かった。そう思います。

詳しい写真は後ほど・・・ 今日等々力に駆け付けた皆さん、お疲れ様でした。

20070509a.jpg

我那覇選手
Jリーグ公式サイトにて、我那覇選手の6試合出場停止が発表されています。但し、これまでに出場を自粛した4試合についても出場停止分に算入するため、9日のアレマ・マラン戦、13日の甲府戦までが出場停止期間となります。

今回の一見で、アンチドーピングに関しては選手・クラブ共に本当に気を付けなければならないことを痛感しました。我那覇選手には是非出場停止明けの試合で活躍してもらいたいものですね。

もちろん、ここ数試合黒津選手、テセ選手も活躍してくれていますから、FW陣の層がますます厚くなってきているのは嬉しい限りです。選手同士での切磋琢磨にもより一層期待したいと思います。
FC東京戦 写真
多摩川クラシコ、見事な勝利となりました!
「層が薄い」と言われることもあるフロンターレですが、これまで控えに甘んじていた選手達も、虎視眈々と爪を研いでいたようです。誰かが抜けても、その穴を埋める選手がすぐさま頭角を現す、実に頼もしい姿を見せてくれました。

写真はクリックしてどうぞ。

20070506a.jpg
残念ながら大雨となった多摩川クラシコ。それでも1万人を超えるサポーターが駆け付けたからには、負けるわけにはいきません。試合前、2試合ぶりに復活のゲームキャプテン・中村選手が、大きな声で仲間に活を入れます。

20070506b.jpg
「さあ気合い入れていくぞ!」と張り切り始めたばかりの開始2分、何といきなりの先制ゴール!初先発の大橋選手がミドルシュートを叩き込み、マギヌン選手不在の不安を瞬殺してくれました!

20070506c.jpg
先制されたFC東京は、前がかりにならざるを得ない状況に。コーナーキック、詰めてきた福西選手に一瞬ヒヤリとさせられますが、そこは守護神・川島選手ががっちりセーブ。

20070506d.jpg

20070506e.jpg
11分、今度は伊藤選手のパスカットから黒津選手にボールが渡り、目の覚めるようなミドルシュート!立て続けの爽快ゴールに、サポーターは雨を忘れて大はしゃぎ。

20070506f.jpg
FC東京の攻撃の核・ルーカス選手を押さえ込む箕輪選手。必死の反撃に出る敵を自由にさせず、その高さ・強さで圧倒的な存在感を見せつけてくれます。

20070506g.jpg

20070506h.jpg
前半残り時間もわずかとなった43分、ジュニーニョ選手の受けたファールでFKのチャンス。「エリアのわずかに外」という、意外に難しい位置から大橋選手が放ったシュートは、見事としか言いようのない3点目ゴール!なかなかセットプレーが決まらない今シーズンでしたが、ついにスカツとさせてくれました!

20070506r.jpg
さらにその直後のロスタイムには村上選手が4点目を叩き込み、まさかの大量リードで前半終了。いつもより重いタオルを振り回して大興奮のサポーターは、去年のFC東京戦一昨年の東京V 戦をチラリと思い出したりしつつも、さらに気合いを入れて後半戦に向かいます。

20070506q.jpg
後半23分、 FC東京の捨て身の猛攻に苦しみつつも、ジュニーニョ選手のパスを受けた黒津選手が技ありシュート!一度はキーパーに阻まれたものの、こぼれ球をジュニーニョ選手が押し込んで、遂に5点目! ここ2試合の鬱憤を晴らす華麗なゴールショーに、客席の熱気は湯気が立つほど。お祭り騒ぎのクラシコとなりました。

20070506j.jpg

20070506k.jpg

20070506l.jpg
ひときわ大きな歓声を浴びていた、右サイド森選手。囲まれても負けません。

20070506m.jpg
終盤、黒津選手に代わって投入の久木野選手。持ち味のドリブル突破に、大きな可能性を感じさせてくれました。こうして次々に新しい才能を楽しめるのは、実に贅沢な気分です。

20070506n.jpg
最後に2点返されたものの、見事な勝利で試合終了!サポーターの前に集まった選手達、いつものバンザイをなかなか始めないな?と思っていたら…

20070506o.jpg
彼を待っていたのでした!初先発で2得点。文句なしの MVPです。

20070506p.jpg
大喜びのサポーターに、笑顔で応える森選手。攻守に渡る大活躍、お疲れ様でした!

次はACLアレマ・マラン戦。予選突破に向けてこのままの勢いで戦っていきましょう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。