等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
千葉戦 写真
快晴となったGWの日曜日。等々力競技場は、客席の隅から隅までサポーターで埋め尽くされました。入場者数21,804人。ほんの数年前の、客席でキャッチボールが出来そうな閑散ぶりを思い出すと、嘘のような賑わいです。
その大勢の観客のためにも勝ちきりたかったこの試合、残念ながらドローとなりましたが、過酷な連戦の中で、この勝ち点1には価値があります。

写真は、クリックすると大きくなります。

20070429a.jpg
今日は出場自粛の我那覇選手に続き、中村選手を負傷で欠く苦しい布陣。試合開始前、互いの手と手を強く打ち鳴らし、勝利を誓う選手達。

20070429b.jpg
久し振りにキャプテンマークを巻いた伊藤選手。連戦の疲労は確実に感じているはずですが、今季も全試合・全時間出場目指して走り続けます。

20070429e.jpg
試合を重ねる毎に、チームの中での重みを増していく村上選手。第2節神戸戦でゴールを決めた後は「本来は点を取ったりアシストしたりする選手ではないんですけどね。」なんてコメントを出していましたが、最近は果敢にゴールを狙う姿勢が目立ってました。

20070429c.jpg

20070429d.jpg
試合は、立ち上がりに惜しいチャンスを作ったものの、その後は中村選手不在が響いてか、リズムに乗れない展開に。最前線へボールが供給できない流れの悪さを断ち切ろうと、プレーの合間を縫っては話し合う選手達。

20070429h.jpg
サイドから攻め上がり、激しくゴールを狙ってくる千葉。それに対し、寺田選手はガッチリ安定した守備で敵の侵入をブロック。最近の彼のパフォーマンスは、過去数年間で最高のレベルに達しているのではないでしょうか。

20070429g.jpg
水曜の韓国戦に続いてスタメン出場を果たしたテセ選手。「俺にボールをよこせ!」「俺が決めてやる!」という叫び声が聞こえてくるようでした。

20070429f.jpg
負傷の中村選手に代わって、中盤でゲームを動かすのは河村選手。前半は組み立てに苦心している様子でしたが、後半に入ると動きにリズムが。

20070429i.jpg
ハーフタイム。控えの選手達はアップを兼ねたボール遊び。・・・ですが、ミスをするとピッチに拳を叩き付けて悔しがる佐原選手。負けず嫌いです。

20070429j.jpg
時間の経過と共に攻撃の形が出来てきたフロンターレ。よく走る千葉の選手達ですが、マギヌン選手も一歩も後れをとりません。

20070429k.jpg
そして後半21分、森選手のクロスに頭で合わせたのはテセ選手!待望の先制点を決め、一目散にサポーターの元へ駆け付けたテセ選手に、待ってましたの大歓声。韓国戦に続いて、見事な活躍となりました。

20070429l.jpg
反撃の千葉は、それまで以上に激しい攻め上がり。互いのDF陣が体を張り、決死の形相で砦を守ります。

20070429m.jpg
後半33分には、村上選手の惜しいヘディングシュートも。ポストを直撃したボールにジュニーニョ選手が合わせましたが、残念ながら枠を捉えることは出来ず。

20070429n.jpg
その後、残り10分を切ったところでFKから失点し、1-1のドローで試合終了。先制し、いくつかの惜しい決定機を逃しているだけに、悔しい引き分けとなりました。

20070429o.jpg
本日の「あんたが大賞」は見事なゴールを決めたテセ選手。これからも、ますますその活躍に期待です。

次は横浜FM戦。中3日の厳しい日程が続きますが、選手もサポーターもここが踏ん張りどころです。ひとつでも上の順位に食らいついていくために、力の限り戦っていきましょう!
スポンサーサイト
全南ドラゴンズ戦 写真
天気の悪い平日開催にもかかわらず、1万人を超えるサポーターが集結した等々力競技場。朝、青いユニとタオルをカバンに押し込んで出勤した人も多かったのではないでしょうか。ACL予選突破に王手を掛ける重要な一戦。貴重な勝利を掴み取りました!

写真は、クリックすると大きくなります。


20070425a.jpg
この試合、ここで負けると後がない全南ドラゴンズ。対するフロンターレも、予選突破のためには絶対に負けられない戦いです。先日のホーム・バンコクU戦が残念なドローに終わっているだけに、「今日こそは!」と選手もサポーターも気合いが入ります。

20070425b.jpg
全南の、重機型FW・レアンドロ選手に対峙する村上選手。決して力負けしない迫力を見せてくれました。

20070425d.jpg
初スタメン起用となったテセ選手は、全身から「ここで結果を出してやる!」という意気込みが溢れているようでした。定評のある攻撃力に、サポーターの期待も高まります。

20070425c.jpg
26分、中村選手のスルーパスからチャンスが生まれ、待望の先制点! 互いに決め手を欠く試合展開だっただけに、一気に流れを引き寄せる、貴重なゴールとなりました。

20070425e.jpg
1点を失い、それまで以上に激しく攻め上がってくる全南。しかし、ここはホーム・等々力。意地でも主導権は譲れないと、DF陣の表情にも気合いが入ります。

20070425f.jpg
ピッチのどこにでも姿を見せる驚きの運動量。マギヌン選手のパワーはフロンターレの宝です。

20070425g.jpg
試合後、「レッズ戦のときのような強いディフェンスで相手にぶつかっていくことができた」とのコメントを出した谷口選手。激しい攻防が繰り返される中盤において、実に頼もしい存在感を誇示してくれました。

20070425h.jpg
試合は1-0でハーフタイムへ。いつものことながら、控えの選手達は和気藹々としたムード。

20070425i.jpg

20070425j.jpg
後半に入り、次の1点がなかなか奪えないまま減っていく残り時間に「このまま逃げ切れるのか?」と、サポーターがジリジリしだした81分、ジュニーニョ選手の突破からテセ選手がゴール!! 満面の笑みで喜びを爆発させたテセ選手にサポーターも大声援で応えました。

20070425k.jpg
さらにその6分後、またもやジュニーニョ選手からボールを受けたテセ選手が3点目!試合を決める見事なゴールは、テセ選手の気迫のたまもの。新しく作られたテセ選手応援歌がスタジアムに響き渡りました。

20070425l.jpg
残り時間、後はとにかく守りきること。無失点勝利に向けて、箕輪選手の頼もしい大きな体が、ゴール前に壁を作ります。

20070425m.jpg
ロスタイム、ジュニーニョ選手が削られたことで両チーム入り乱れての揉み合いに。怒号が飛び交う中、ベンチの定位置から一歩も動かず、どっしり構える関塚監督が印象的でした。

20070425n.jpg
最後にドタバタしたものの、試合は3-0で見事フロンターレの勝利!予選突破に向けての大きな勝ち点3を手に入れました!

20070425o.jpg
試合後、インタビューを終えた2人が姿を見せると、客席からは割れんばかりの拍手が。小雨も降る中、必死に応援を続けたサポーターに最高の笑顔を見せてくれました。

20070425p.jpg
本日のMVP・テセ選手は客席に乱入!頼れるストライカーがまたひとり、フロンターレに誕生しました。これからも期待してますよ!
コイントス
浦和戦、試合開始前に両チームキャプテンの間でコインが投げられる、お馴染みの光景の後、審判が一瞬「ん?」と確認する表情でゲームキャプテン・中村選手に言葉を掛ける様子が見られました。
その直後、キックオフの笛と同時にフロンターレが攻め上がって行ったのは、いつもとは逆のエンド。青いサポーターに向かっていく形で試合が始まった時、「これに一体何の意味があるのだろう」と思った人も多かったのではないでしょうか。

真っ赤に染まった埼玉スタジアム。不敗神話の存在するレッズのホーム。

劇的な勝利をもぎ取った後のインタビューで、「コイントスに勝った場合、エンドを選択するというのは監督の指示だったのでしょうか」との質問に、関塚監督はひとつ息を吸って「そうです」と答えていました。

勝負を決める後半の45分間とロスタイムに、レッズの選手と彼等のサポーターを対峙させない。

たとえそれを小細工だと笑う人がいたとしても、レッズサポに怖気づく臆病者だとあきれる人がいたとしても、関塚監督にとってあの試合、コインが投げられた瞬間から戦いが始まっていたのだということに、フロンターレサポーターとして誇りを感じます。

昇格からわずか3年で“強豪・川崎”なんて呼んでもらえることすらあるフロンターレですが、この、監督の死に物狂いの「打てる手は全て打ち、持てる力は全て出し切る」姿勢が、いまのチームを作り出しているのだと思います。最初から飛び抜けて優れた選手ばかりがいたわけじゃない、特別な力があるわけでも、特に恵まれた環境にあるわけでもないのが、フロンターレというチームなのですから。

優勝に向けて、戦いはまだ始まったばかり。我々サポーターも、全力で踏ん張っていきましょう!

20060824c.jpg

【J1第7節】浦和レッズ-川崎フロンターレ(1-2)
昨日はレッズの不敗記録を破る見事な勝利でしたね!!ACLのサイトでも、昨日の試合レポートが報道されています。以下に要約を掲載します。

Jリーグチャンピオン、ホームで敗れる

川崎フロンターレがJリーグチャンピオンチームの浦和レッズを相手に勝利を収めた。浦和レッズはリーグ戦初黒星。フロンターレは、試合後半に挙げた我那覇選手とマギヌン選手のゴールで試合をものにした。

レッズは、2005年9月以来ホームで負けなし。試合前半、レッズはポゼッションでアウェイチームを圧倒した。小野、ワシントン、永井選手がフロンターレゴールに迫ったが、フロンターレの守護神、川島選手にゴールを阻まれる。ポンテ選手は前半最も惜しいチャンスを作りだしたが、後半34分のシュートはわずかに枠を外してしまう。

ホームチームからのプレッシャーに対し、フロンターレは後半5分、今日は左サイドでの先発となった黒津選手がレッズの2人を交わしてファーサイドの我那覇にクロスを送る。これを日本代表・我那覇選手がゴール至近から落ち着いて押し込み、先制点を奪う。

その6分後、ジュニーニョ選手が左サイドから持ち込み、マギヌン選手に素晴らしいクロスボールを供給。マギヌン選手は1点目と同じような形でゴールを決め、リードを2点に広げた。

レッズもその後反撃し、後半20分には負傷のトゥーリオ選手に代わって出場した堀之内選手がワシントン選手のヘディングのこぼれ球を押し込み、1点差に詰め寄る。試合終了6分前には、阿部選手がチャンスを作るも、これも川島選手によって防がれてしまった。

フロンターレの関塚監督は、「選手達に感謝したいと思います。今日は本当に厳しく戦ってくれたし、リーグ戦でレッズからの初勝利を挙げるぞ、という強い気持ちがありました。今日の自分たちのプレーと、浦和のホーム25試合不敗記録を破ることが出来たことには満足しています」と語った。

対する浦和のオジェック監督は、「残念です。フロンターレは後半良い入り方をして、そこで2点を奪われてしまいました。しかし、我々の選手は良く踏み止まりましたし、勝ちたいという気持ちも見せていました。今日は負けてしまいましたが、だからといって我々がホームで弱いということではありません。今日も、我々がホームでタフであることをお見せできたと思います」とコメントしている。

この日の試合で、フロンターレは暫定2位に浮上。得失点差で浦和レッズを上回った。勝ち点1の差で名古屋グランパスエイトが首位に立っている。
(埼玉スタジアム)

2007年4月21日
Source: PA Sport


お互いに決して譲らない、Jリーグ最高レベルの好試合。多すぎる運動量故に、最終的には黒津、谷口、我那覇、村上選手が足をつってしまう、まさに死闘でした。そんな選手達の頑張りが報われる勝利だったと思います。

そんな死闘を戦い抜いたフロンターレですが、試練はまだまだ続きます。中三日で、ACL予選リーグの山場であるホームでの全南戦を迎えますが、まずはしっかりと疲れをとって、コンディションを整えて試合に臨んでもらいたいですね。
清水エスパルス戦 写真
過酷なスケジュールの中、強敵清水を打ち破ることの出来たこの試合、「勝ち点3」の重さ以上に、大きなものを手に入れたように感じます。
こんな戦いがあるから、フロンターレサポはやめられません。

写真はクリックしてどうぞ。

 20070415b.jpg
2万人を超えるサポーターが詰めた掛けた等々力競技場。子供も多いスタジアムで、この「カブに食われるふろんた君」は大人気。

20070415c.jpg
ピッチに姿を現した選手達。久し振りのホームゲームとあって、試合前からテンションの高い観客席は、いつも以上に大きな拍手。

20070415d.jpg
試合開始。サッカーの神様に特別愛されているに違いない、この褐色の肉体には、毎試合目を見張らずにはいられません。清水はゾーンで守り固め、立ち上がりから強い守備意識を見せますが、やはりジュニーニョ選手には手こずっている様子。

20070415f.jpg
ゴール後の不思議ダンスも定着してきたマギヌン選手。昨シーズン途中からの加入とは思えない程、サポーターからの信頼も厚くなりました。相変わらずの運動量で敵を攪乱させますが、前半はなかなかフィニッシュまでの形を作れず。

20070415g.jpg
高さばかりが注目されがちな川崎DF山脈ですが、彼の足技・テクニックがフロンターレ最終ラインの命綱であることは、疑いようもありません。

20070415h.jpg
堅い守りから前線へロングボールを放り込み、フェンルナンジーニョ選手につなげてくる清水エスパルス。そんな中、なかなか前を向いてのプレーが出来ずにいた中村選手でしたが、やはり「空からの視点を持つ男」。失点後も冷静にゲームの流れを読み、すぐさま全体の立て直しをはかります。

20070415i.jpg
その中村選手と共に中盤を駆ける谷口選手。ハードスケジュールでチーム全体のコンディションが懸念される中、彼の強靱な肉体と野性的本能に期待がかかります。

20070415j.jpg
1点先制され迎えた後半、「やはりオレンジの壁は崩せないのか…」という考えが頭をかすめた頃に、途中出場の黒津選手が相手キーパーからボールをかっさらっての同点ゴール!! 勝利への執念を見せてくれたストライカーに、サポーターも大感激。陽気に踊り続けていた清水サポの歌声を、一瞬で悲鳴に変える一撃となりました。

20070415k.jpg
さらにそのわずか2分後、マギヌン選手のスルーパスからジュニーニョ選手が豪快逆転打を叩き込むと、スタジアムは沸騰直前の興奮の渦!腕がちぎれる程にタオルを振り回し、勝利の瞬間に向けて応援も一気に加速します。

20070415e.jpg
前後半でポジションを変えた森選手。最後はパワープレーで猛攻を仕掛けてきた清水に対し、最後まで集中を切らさない見事な動きで対応。そのスピード・判断力はさすがの一言。やはりフロンターレのサイドには、彼の姿が絶対に必要です。

20070415l.jpg
長い長い3分のロスタイム。過呼吸失神寸前まで叫び続けたサポーターと、勝利への強い気持ちで走り続けた選手達。試合終了の瞬間に爆発した歓喜の声は、スタジアムを揺らす程のものでした。打倒・オレンジ!ついに清水を倒しました!

20070415m.jpg
本日の「あんたが大賞」は選手全員に本マグロをプレゼント。同時に贈られる「ふくしまの米」と、実に素敵な組み合わせです。

今年初め、今季のスケジュールが発表になった時は「韓国アウェー戦の直後に苦手清水なんて、さすがに厳しい」と思ったものでした。しかし、そのどちらにも勝利し、サポーターを驚かせるどのたくましさを見せてくれたフロンターレ。試合後には森選手の日本代表候補入りが発表されるなど、サポーター冥利に尽きる一日となりました。次節は埼スタに乗り込んでの強豪・浦和戦。この一戦に勝利してこそ、本当の自信を手に入れることが出来ます。全力でぶつかっていきましょう!
勝ちました!!
いままで一度も勝利することの出来なかった清水エスパルス相手に、遂に勝ち点3を奪い取りました!

1点差で迎えたロスタイム3分、昨年4月の屈辱を思い出したサポーターも多かったのではないでしょうか。最後の最後まで気の抜けない、厳しい戦いとなりましたが、良く選手達が踏ん張ってくれました!

詳しい写真は明日アップします。今日は祝杯に酔いましょう!

20070415a.jpg

ACL全南ドラゴンズ戦、韓国でのニュース映像
グループリーグ最大のライバルと目されていた全南ドラゴンズを1-3で見事に破り、予選突破に向けて大きく前進したフロンターレ。この試合の結果は、韓国のTV放送局、MBCのスポーツニュースでも取り上げられていました。以下の映像をご覧下さい。

全南戦 MBCNews20070411
Source: Munhwa Broadcasting Corporation(MBC)


マギヌン選手のロングシュート、そしてジュニーニョ選手の突破と独走からのシュート、いずれも素晴らしいゴールだと思います。特に、マギヌン選手は1点目のPKにつながるファールを誘うなど、相変わらず絶好調を維持している様子。

ニュース中、韓国語でのアナウンスとマギヌン・ダンスが妙にシンクロしているのがちょっと面白いですね。韓国でもACLが注目されている様子がよく分かります。

次節は、ホーム等々力に帰ってきての大一番。「エスをねらえ!」清水エスパルス戦です。森選手の「この試合も大事だが、Jリーグも大事。どちらもおろそかにすることはないし、次の清水戦も頑張りたいと思う」というコメントの通り、きっと気持ちの入ったプレーを等々力でも見せてくれると思います。未だ一度も勝ったことのない清水に対し、初勝利を挙げることを期待しましょう!!
【J1第5節】ガンバ大阪-川崎フロンターレ(2-2)
引き分けとはなりましたが、見応えのある試合でした。

残念ながらTV観戦となりましたが、これは大阪まで行く価値があった、と感じられる90分間だったと思われます。
解説者の「森選手、普段は本当にいい人なんですけどねぇ」の言葉に脱力する場面もありましたが、ロスタイム終了までの息をつかせぬ見事な攻防、選手達の「今日こそは絶対に負けられない」という決死の息づかいが聞こえてくるような一瞬一瞬に、片時も気を抜くことが出来ませんでした。

前節までの、パスの呼吸がどこか合わない、リズムが作れないという嫌な流れを払拭し、選手全員が意識を一つに保って、流れに乗ることが出来たように思われます。

特に良かったのが、冷静な集中力を見せたDFラインと、先日小遣いを減らされたという森選手。守備が安定し、サイド攻撃が機能すれば良い戦いが出来るということを、改めて感じさせてくれる試合となりました。
試合開始のホイッスルから13分、森選手が起点となっての谷口ゴールが決まった瞬間、「よっしゃ!」と拳を振り上げたサポーターも多かったのではないでしょうか。いつも以上に先制点が大きな意味を持つと考えられたこの試合、この1点で流れを引き寄せることが出来たように感じます。フロンターレらしいテンポが生まれ、このまま前半リードで終える事が出来たら・・・と考え始めた矢先の38分に同点ゴールを許し、ガンバの底力を痛感させれられはしましたが、前半のうちに2点目ゴールを叩き込むことが出来たのは痛快でした。前節に続いての苦手アウェースタジアムにあって「今日こそは!」という気合いを持って後半に入ることが出来ました。
後半戦、フロンターレはリードしている中でしっかり守備的意識を統一させ、何としても勝ち点3をもぎ取ろうとしましたが、一瞬の隙を突かれての失点となってしまいました。試合時間は残り10分を切っていただけに残念でなりませんが、その後、前掛かりになって全力で畳みかけてきたガンバの猛攻をしのぎ切れたことは、この試合の収穫だと思われます。良い戦いが出来ていただけに勝ちきれなかったのは悔しいものの、試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、湧き出てきた感想は「良く戦った!」というものでした。

ここまで2勝1敗2分けのフロンターレ。数字だけ見ると、まだまだ本調子とはとは言い難いですが、この試合で、今まで掴み切れていなかった何かを見つけることが出来たのではないでしょうか。水曜日には全南ドラゴンズとのアウェー対決が待っています。相当厳しい戦いが予想されますが、何としても勝利を手にし、上昇気流に乗りたいところです。

まだまだ戦いは始まったばかり、これからが本当の勝負です!
J1第5節(対ガンバ大阪)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇和樹、ジュニーニョ
MF:マギヌン、村上和弘、谷口博之、中村憲剛、森勇介
DF:伊藤宏樹、寺田周平、箕輪義信
GK:川島永嗣

アウェイの試合が続きます。明日は万博でのガンバ大阪戦です。
複数紙で報道されていますが、右サイドの森選手が出場停止明け谷口選手も先発復帰が濃厚です。また、我那覇選手も怪我が全快し、どうやら今節は復帰してきそうです。左サイドの村上選手、GKの川島選手を除けば昨年のベストの布陣。この陣容でガンバを相手にどれだけやれるかを見てみたいと思います。
特に、今節から復帰が予想される三選手の活躍に期待です。

対するガンバ大阪は、水曜日に千葉とのナビスコ杯予選を戦い、中二日での試合。相手は言うまでもなく強豪ですが、コンディションはフロンターレの方が上のはず。是非、万博での勝利を手にしてもらいたいですね。

バンコクU戦以降、速いボール回し及び攻守の切り替えがやや見られなくなっている状況のようにも思われますが、高い位置からのプレスでボールを奪い、2列目、3列目の選手も一気に攻めに転じるフロンターレの攻撃を是非この試合では見せてもらいたいもの。昨年からの課題である攻守の切り替えに明日は注目したいと思います。

「攻撃の形はできている」という指揮官の言葉を信じて、明日の試合を応援していきましょう!

スコア予想は2-3で川崎の勝利とします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。