等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
J1第4節(対アルビレックス新潟)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:黒津勝、ジュニーニョ
MF:マギヌン、村上和弘、谷口博之、中村憲剛、飛弾暁
DF:伊藤宏樹、寺田周平、箕輪義信
GK:川島永嗣

明日はアウェイでの試合。アルビレックス新潟戦です。

スタメンには、谷口選手の復帰を予想しました。また、右サイドにはそろそろ飛弾選手の出番かもしれません。もちろん、井川選手の先発というのもあり得ると思われます。

対するアルビレックス新潟は、ここまでリーグ戦では2分1敗。直前のナビスコ杯予選でも鹿島に敗戦しており、なかなか波に乗れない状況のようです。しかしながら、明日はフロンターレとはどうも相性の良くないビッグスワンでの試合。いままでここでの勝ち星はありませんが、今度こそ初勝利といきたいところです。

そのためにも、明日はやはりサイドでの攻防に注目してみたいと思います。ACL第2節のバンコクU戦では、やや中央での攻撃に偏りすぎ、相手の守備網に引っかかってしまう傾向にありました。ですから、今節はサイドに散らす攻撃を積極的に使うことで、中央も生きるという展開を期待したいと思います。そういった意味では、左右のサイドハーフとして出場する選手に期待がかかります。

試合会場の相性も考えれば、やはりうまく先制点を奪い自分たちの展開に持っていくのが大事だと思われます。明日の天気予報はなんとか曇り。熱戦を期待したいですね。

スコア予想は、1-3で川崎の勝利とします。
スポンサーサイト
ACL バンコク・ユニバーシティ戦 写真
ACL第2戦目。過酷なインドネシアでの試合を制したフロンターレが今回迎えるのは、バンコク・ユニバーシティ。プロとして、またホームでの戦いという意味においても、絶対に勝たなくてはならない一戦でしたが、残念な結果となりました。どうしても「あと一歩」が届かない試合もあるのだと、改めて実感させられた気がします。

写真は、クリックしてどうぞ。

20070321a.jpg
本日出場を見送られた森選手は、選手席での見学。現在のフロンターレにとって、欠くことの出来ない大切な存在の森選手。心機一転、今後の活躍に期待です。

20070321b.jpg
試合開始。立ち上がりからしばらくはリズムに乗れない様子のフロンターレに対し、バンコク・ユニバーシティは積極的な動きを披露。ボールを持った選手に人数を掛けて囲い込み、高い攻撃意識を見せつけてきます。

20070321c.jpg
今季、左サイド不在の不安を払拭して、なお余りある活躍を見せている村上選手。攻守に力を尽くしますが、敵もさるもの。

20070321d.jpg

20070321f.jpg
競り合う場面では、いつも以上に高さが際だっていたフロンターレ。これだけの体格差があれば、必ずセットプレーで得点のチャンスが生まれるものと期待していたのですが・・・

20070321e.jpg
土曜の試合に続き、中盤には河村選手の姿が。中村選手との呼吸も良く、チャンスを作り出そうと懸命に走ります。

20070321g.jpg
ライン際、Gゾーン近くでの攻防。目前で繰り広げられる駆け引きに、サポーターはそれまで以上に声を枯らして声援を送り、全力で選手を鼓舞します。

20070321h.jpg
立ち上がりに失った1点を返せないままハーフタイムを迎え、追う立場での後半開始。円陣を組む前に、選手達が真剣に話し合う様子が見られました。

20070321i.jpg
週末の代表戦に招集のかかっている中村選手。いまや日本を代表するボランチとなった彼のプレーには、あらゆる方面から注目が集まります。

20070321k.jpg
驚異的な運動量と抜群のパスセンスで、ピッチを縦横無尽に支配するマギヌン選手。幾度となく素晴らしい突破を見せてくれましたが、あとわずかのところでゴールに届かず。

20070321j.jpg
そして、残り時間もわずかとなった後半32分、黒津選手のシュートが敵選手に当たり、ついに同点に!たとえオウンゴールでも、まずは1点。ここから何とかして逆転ゴールを!と、スタジアム全体が祈るような思いでピッチに気持ちを送り続けました。

 20070321l.jpg
しかし、無情にもこのまま試合終了のホイッスル。攻めて攻めて、必死の攻撃を繰り返したフロンターレでしたが、あと1点がどうしても奪えず、くやしいドローとなってしまいました。

どうしても勝ち点3の欲しかったホームでの試合。この結果を真摯に受け止めて、前を向いていくしかありません。まだまだ試合は続きます。気合いを入れていきましょう!

ACL第2節(対バンコク・ユニバーシティ)スタメン、試合予想
明日は、ホーム等々力にバンコク・ユニバーシティを迎えてのACL第二戦。スタメン、試合予想とともに、ACL公式サイトの記事を交えて試合を展望したいと思います。

関塚監督、タイチームを警戒

川崎フロンターレの関塚隆監督は、今週水曜日に対戦するバンコク・ユニバーシティのペースに乗せられないようにと選手に注意を促した。

フロンターレは、先日のホームでの試合で横浜FCに6-0で快勝したが、関塚監督はタイのチャンピオンチームを決して過小評価していないと語った。

「我々は対戦相手を研究してきている。相手のペースで試合を進めてしまうとしたらそれは問題だが、それ以上に重要なのは自分たちのサッカーを貫くことだと考えている」とは関塚監督のコメントである。

フロンターレは、鹿島アントラーズとの開幕戦、そして先日の横浜FCとの試合に勝ち、リーグ戦でもその強さを見せつけている。また、2週間前のACL第1戦ではインドネシアでアレマ・マランを3-1で破った。

ブラジル人ストライカーであるジュニーニョは、先週末の試合で2得点を記録。そして、日本代表である我那覇選手も足首ねんざから復帰すべく準備を進めている。

「水曜日の試合では、我々のサッカー、すなわち横浜FCとの試合で見せたような攻撃サッカーをお見せできると思う。チームの雰囲気は良好で、ここまで順調にきている。選手達には、良いパフォーマンスを発揮してもらいたい」と関塚監督は自信を見せている。

ここまで、日本チームは現在の形になってからのACL予選を突破できていないが、タイのチームはより多くの成功を収めてきた。バンコク・ユニバーシティは、Jリーグの準優勝チームと対戦するに当たって、元横浜Fマリノス所属の深澤選手に期待を寄せている。カナダのモントリオールから今年バンコク・ユニバーシティに加入した29歳の深澤選手は、マリノスで2シーズンを過ごし、その後J2時代のアルビレックス新潟に4年所属した。

バンコク・ユニバーシティ監督のSomchai Sabperm氏は、次のように語っている。

「私たちは勝利を得るために日本へやってきた」

2007年3月20日
Source: PA Sport


スタメン予想
FW:我那覇和樹、ジュニーニョ
MF:マギヌン、村上和弘、谷口博之、中村憲剛、河村崇大
DF:伊藤宏樹、寺田周平、箕輪義信
GK:川島永嗣

上記の記事にもありますように、FWは我那覇選手の復帰が予想されます(ベンチスタートの可能性はありますが)。森選手を欠く中盤右サイドには、先日ボランチとして活躍を見せた河村選手のスタメンを予想しましたが、井川選手の先発も当然考えられるでしょう。いずれの選手が出場するにしても、活躍を期待したいと思います。

おそらくはホームであるフロンターレが優勢に試合を進めるものと予想されますが、相手は全南ドラゴンズを相手にドローを演じた相手。決して油断はできません。相手のホームを残していることから考えても、ここはきっちり完勝しておきたいところです。

スコア予想は、3-0で川崎の勝利とします。

【J1第3節】川崎フロンターレ-横浜FC(6-0)
厳しい試合になるのではないかと思われた横浜FC戦。
まずは、ACLのサイトの記事で試合を振り返ってみたいと思います。

川崎が横浜FCを6-0で下す

川崎フロンターレが横浜FCを6-0で下し、今週中頃に行われるバンコク・ユニバーシティを迎えて行われるACL第二戦に向けて上々のウォーミングアップを行った。

横浜FCをホームに迎えた川崎フロンターレは、前半から攻守ともに圧倒。ジュニーニョ、マギヌンの両ブラジル選手に加え、左サイドMFの村上選手のゴールにより、3-0で折り返した。

後半に入って4分後、FWジュニーニョ選手がゴールを決めて4-0とするが、その後森選手がこの日二枚目のイエローカードを受け退場。川崎フロンターレは10人での戦いを強いられることとなった。

しかしながら、この日の川崎フロンターレはその後もリードを広げる。70分、黒津勝選手の左足が一閃し、5点目。さらに81分にも見事なゴールを決めた(6-0)。黒津選手はこの日、FW我那覇選手がけがで欠場したことに伴っての出場だったが、見事に結果を出して見せた。

「選手達はボールをよく動かしていたし、試合の早い段階でペースをつかむことができたことがこのゲームの勝因だった」と関塚監督は振り返った。

2007年3月17日
Source: afcchampionsleague.com

フロンターレは、横浜FCの堅守を打ち破り、見事な大勝となりました!
この週末は勝利の美酒を味わったサポーターも多かったのではないでしょうか。

しかしながら、もう明後日にはACLのバンコク・ユニバーシティ戦が控えています。厳しい日程の中、選手達も大変だと思いますが、また等々力で素晴らしいプレーを見せてもらいたいと思います。明後日は、私たちをどんなドラマが待ち受けているのでしょうか。楽しみに待ちたいと思います。
J1第3節(対横浜FC)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:黒津勝、ジュニーニョ
MF:マギヌン、村上和弘、落合正幸、中村憲剛、森勇介
DF:伊藤宏樹、寺田周平、箕輪義信
GK:川島永嗣

今日はJ1第3節、対横浜FC戦。3月になってから急に寒くなり、そんな中でのナイトゲームですが、内容は熱い試合を期待したいところです。

フロンターレは、ここまでACLを含めて2勝1分と、まずまずの滑り出しを見せました。過密スケジュールとなった先日の神戸戦は谷口選手の退場もあり、厳しい試合となりましたが、価値ある勝ち点1を拾っています。

さて、今節は出場停止の谷口選手に代わって落合選手を、ねんざで欠場が濃厚な我那覇選手に代わって黒津選手の出場を予想しています。どちらも言うまでもなく極めてポテンシャルの高い選手。活躍を期待して良いと思います。

対する横浜FCは、初戦の浦和戦では1-2で敗れたものの、前節は横浜FMに1-0の完封勝利。J2で培った堅守をベースとする戦術はJ1でも通用するところを見せています。今までのところまだ「爆発」とはいっていないフロンターレ攻撃陣が如何にその包囲網を突破するのかに注目したいと思います。

やはり今日もカギになるのは先取点か。セットプレー等のチャンスからうまく先制できれば、フロンターレにとってのカウンターのチャンスも大きく増すはずです。但し、なかなか点が取れなくて我慢の展開になることも充分に予想されますので、粘り強い戦いぶりも期待したいところです。また、アレマ・マラン戦、神戸戦での課題だったサイドの守備がどう修正されているのかにも注目です。

スコア予想は、2-0で川崎の勝利とします。
見事なACL1勝目!
苦しみながらも手にした勝ち点3。ACL公式サイトのレポートで振り返ってみたいと思います。

Magnumが火を噴き、川崎を勝利に導く

マギヌン選手の活躍で、川崎フロンターレはアレマ・マランに3-1とACLグループFの初戦で勝利を収めた。

マギヌン選手が先制点を決めたのは前半わずか55秒。更に、アレマ・マランに追い付かれた後の後半にも決勝点を決めた。また、中村憲剛選手は試合時間残り8分の時点で勝利を決定付ける3点目のゴールを決めている。

3万人収容のスタジアムは大勢のアレマ・マランサポーターで埋まったが、開始早々のDFのミスによる失点で、スタジアムは静まりかえってしまった。しかしながら、その後「アレマニア」の後押しもあり、ホームチームは同点に追い付くことに成功する。川崎フロンターレのディフェンダーから奪ったボールを右サイドへ展開し、そこからのクロスが得点につながり、アレマ・マランは息を吹き返し前半を終える。

アレマは川崎フロンターレを苦しめて前半を終えたが、その中でもより多くのチャンスを作りだしたのはフロンターレの方だった。32分には中村選手のミドルがアレマ守備陣を混乱に陥れ、その数分後には右サイドからのFKをフリーのジュニーニョ選手が押し込もうとするが、惜しくも枠の外に外れた。

後半にはいると、フロンターレが試合を支配し始める。64分、森選手がオフサイドトラップをかいくぐって決定的なチャンスを迎えるが、これは相手GKに防がれてしまう。

試合時間残り17分というタイミングで、決めたのはこの日絶好調のマギヌン選手。谷口選手のロングシュートはGK正面だったが、これをGKがキャッチし損ね、そのこぼれ球を黒津選手がシュート。これは防がれるものの、さらにこぼれたボールを決めたのは左サイドから詰めてきたマギヌン選手だった。

試合残り8分、疲れの見えたアレマ守備陣はボールのクリアミスを奪われ、中村選手に3点目を決められる。これが試合の趨勢を決定づけることとなった。

2007年3月7日
Source: PA Sport

アウェーの厳しい環境の中、見事な勝利だったと言えるのではないでしょうか。前半は先制点こそ奪ったもののすぐに追い付かれ、なかなかペースを掴めず苦労しましたが、後半に向けて施した修正は的確なものだったように思います。選手、スタッフには本当にお疲れ様と伝えたいところですが、もう今週末にはアウェイでの神戸戦が控えています。厳しい日程ですが、これも乗り越えていかなければならないということでしょう。

我々も、気合いを入れてチームをサポートしていきたいと思います。
勝ちました!
とうとう始まったリーグ戦。開幕戦を見事勝利で飾ることが出来ました!

チームにとって様々な困難が予想される今季、まず勝ち点3奪取という最高の形でスタートが切れたことを、本当に嬉しく思います。新加入選手も見事なパフォーマンスを見せ、07年フロンターレに大いに期待をもたせてくれました。今年のフロンターレもなかなかやるじゃなるか、という感じです。

これから始まる長いシーズンの中の、まずは一試合。まだまだ戦いはこれからですが、まずは今日の勝利を喜びましょう!
アウグスト選手、クラシコへの意気込み語る!
いよいよ本日、フロンターレは開幕戦を迎えますが、遠い海の向こうブラジルでは、アウグスト選手がブラジリエンセとのクラシコに臨もうとしています。ComuniWebのレポートを読んで、私たちも気合いを入れていきましょう!

緑と、黄色と。

3月4日、ガマはブラジリエンセとのクラシコに臨もうとしている。彼等のクラシコは今回で26回目だが、まだまだ歴史は浅いので「最も若いクラシコ」と呼んでも差し支えないだろう。

これまでの彼等の対戦成績は、ガマ10勝、ブラジリエンセ8勝、そして引き分けが7となっている。

このクラシコでひときわ気合いが入っているのが、昨年までブラジリエンセに在籍していた左サイド・アウグスト選手である。彼は昨年、黄色のユニフォームを身に纏い、かのチームの不動の左サイドとして活躍していた。その彼は、こう語っている。

「ブラジリエンセには、今でも多くの友達がいます。ブラジリエンセというチームにもたくさん良い思い出がありますが、私はプロフェッショナルとして、ガマのために全力を尽くしたいと思います。なぜなら、私の現在の我が家はこのガマなのですから」

彼はあくまでベテランらしく、プロフェッショナルとしてブラジリエンセと対戦することを誓った。キックオフは、3月4日16時。

アウグスト選手(ガマ)

Source: ComuniWEB
2007年3月2日



26回目のクラシコ(ダービー)に対して、「最も若いクラシコ」と呼ぶあたり、ブラジルサッカーの懐の深さを感じますが、やはりアウグスト選手のコメントが良いですね。読んでいるこちらの気合いも入ってきます。

フロンターレの開幕戦のキックオフは、本日15時。今年はどんなドラマが私たちを待っているのでしょうか。
いよいよ始まります!
管理人超多忙のため、更新が滞りがちとなっております。見に来て下さる方、申し訳ありません。

さて、明後日はいよいよ開幕戦。J1に復帰して3度目のシーズンを迎えることになりました。
昇格1年目の一昨年、アウェーで柏レイソルに挑んだ開幕戦では、1-0で先制されたままのロスタイム、「やはりJ1での戦いは厳しいのか・・・」と唇を噛みしめた矢先に、終了間際のジュニーニョ選手同点ゴール。3月とは思えないほど寒い日でしたが、J1のチーム相手にまず勝ち点1を奪えたことで、少し心が温まったのを覚えています。
そして去年、「2年目のジンクス・研究されてきている分厳しい戦いが増える」と言われ、身の引き締まるような思いで迎えたホーム・新潟戦。J2時代からの宿敵相手に、まさかの6-0完封勝利。あまりにも出来過ぎで、有頂天になりながらも「本当に?!」と、半信半疑で夢を見ているような思いがしたものでした。

今年はホームに鹿島を迎えての開幕戦。「K点越え」も記憶に新しい強豪チームが相手ですが、3年目のいまとなって、ようやく「胸を借りる」のではなく、対等に戦えるライバルとして挑んでいける自信がついたような気もします。もちろん簡単に勝てる相手ではありませんが、今のフロンターレには正面からぶつかって力負けするチームなどない!と言えるだけの底力・経験があるのではないでしょうか。いずれにしても1年を占う重要な一戦となるこの試合。両チーム共に相当に気合いの入った、激しいものとなりそうです。

それにしても、前年は準優勝。チームから代表選手が選出され、マスコミからの注目も高く、前売りで完売する席があるほど集客も見込め、さらにACL出場を控えている。こんな状況でシーズンを迎える日が来るなんて、ほんの数年前には想像することすら出来ませんでした。良い席を確保するのは大変になってしまいましたが、サポーター冥利に尽きると思います。
過密日程・フランシスマールの離脱など、不安材料がないわけではないのですが、これも控え選手にとっての飛躍のチャンスと考えれば、楽しいシーズンになりそうです。「必ずタイトルを」と熱い想いに満ちたこの年、いよいよ始まりです。

開幕・鹿島戦のスコア予想は、3-1でフロンターレの勝利とします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。