等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
往く人、来る人
今年も早いものでもう大晦日ですね。

オフシーズンの選手移籍情報もかなり出揃ってきました。
新外国人の情報については、まだブラジル紙でも報道されていませんが、ここまで分かったフロンターレ関連の移籍/補強情報をまとめておきたいと思います。

大橋 正博選手
報知新聞で獲得が報道されました。既に仮契約を済ませたとの情報もあります。精度の高いプレースキックが最大の武器。獲得するとなれば、ボランチの選手層が厚みを増しそうです。

河村 崇大選手
既に公式サイトで獲得が発表されました。几帳面な性格のボランチで、攻撃参加が持ち味とのこと。やはり、中盤での競争が激化しそうです。

川島 永嗣選手
こちらも既に公式サイトで獲得が発表されています。名古屋グランパスエイトからの完全移籍。「最強の第二GK」と呼ばれています。GKのレベルアップに期待がかかります。

村上 和弘選手
ベガルタ仙台からの移籍が既に発表されています。守備的な中盤の他、左サイドバックもこなす選手。威力のあるミドルシュートもあるようです。

米山 篤志選手
クラブからの正式発表はありませんが、移籍リストに名を連ねています。どんな形になるのか現時点では分かりませんが、状況の推移を見守りたいと思います。

松下裕樹選手
期限付移籍満了に伴い、退団となりました。なかなか実力を出し切れなかった1年間だったのかもしれません。是非、新天地での活躍を期待したいですね。


ここまでのところ、堅実で充実した補強を重ねていると見て良いのではないでしょうか。あとは気になる外国人選手ですが、恐らく例年の傾向から見て、1月初旬頃から情報が出てくるのではないかと思われます。情報を入手次第、等々力時報でもレポートしていく予定です。岡山選手、フッキ選手の動向も気になるところですが、これも年明け頃から徐々に判明すると予想されます。

今年は、フロンターレ躍進の年となったことは間違いないと思います。願わくば、来年は更に素晴らしい1年であると良いですね。

それでは、皆様良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。