等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
鹿島戦 写真
ホーム最終戦。こんな劇的勝利でその瞬間を迎えられるとは思ってもみませんでした。
長橋・今野選手に続き、鬼木選手の引退も発表され、より一層「何としても勝たなくてはならない試合」となったこの一戦。皆の心が一つになって、勝ち点3を掴むことが出来ました。

写真は、クリックすると大きくなります。


20061126a.jpg
降り出しそうな曇り空の中、キックオフ。試合巧者の鹿島はサイドを巧く使ってのスピーディーな攻撃。箕輪選手がゴール前で体を張りますが、ヒヤリとする場面も。

20061126b.jpg
マルコン選手。この1年で、すっかり等々力の芝にも馴染みました。

20061126c.jpg
攻守の切り替えが早い試合展開に、DF陣も必死の対応。惜しいヘディングシュートもあった寺田選手でしたが、残念ながら得点にはならず。

20061126f.jpg

20061126g.jpg
激しい体と体のぶつかり合いの中、鹿島のアレックス・ミネイロ選手に倒された箕輪選手。特に手を出すわけでもなく、仁王立ちで見下ろしているだけの様子ですが・・・これは怖い。
アレックス選手175㎝。箕輪選手187㎝。

20061126h.jpg

20061126i.jpg
1点ビハインドで迎えた後半戦。引退する先輩達のためにも絶対負けられないと、選手達の気迫がスタジアムを包む中、遂に中村選手の同点ゴール!良い時間に追いついたことで、一気に攻撃のリズムが加速しました。

20061126e.jpg
その直後に、残念ながら負傷交代となってしまった我那覇選手。しかし、ゴールへ向かう執念をまざまざと見せつけてくれました。今シーズン、彼の成長には驚かされるばかりです。

20061126j.jpg
追加点の欲しいフロンターレは次々にシュートを放つものの、クロスバー直撃・キーパーのセーブと、惜しいシーンが目立ち、「今日はなかなか決まらない日なのか・・・」と奥歯を噛みしめていた後半26分。マルコン選手のロングスローからチャンスが生まれ、ジュニーニョ選手の勝ち越しゴール!
「これで勝つぞ!」「このまま行く!」と興奮したサポーターの叫び声が、客席のあちこちから聞こえてきました。

20061126k.jpg
しかしその直後、同点ゴールを決められ試合は振り出しに。苦しい展開の中、関塚監督は右サイド、飛弾選手に替えて井川選手を投入。

20061126l.jpg
残り時間が刻一刻と少なくなる中、セットプレーのピンチ。ここで1点を失っては取り返しがつかないと、サポーターも祈るようにピッチを見つめ続けました。

20061126o.jpg
そして2-2で迎えたロスタイムの終了間際、井川選手の上げたクロスを、渾身の力でゴールに叩き付けたのは箕輪選手!最後の最後に待っていた、まさかの劇的勝利にスタジアムが揺れました。

20061126m.jpg
そのゴールが決まった瞬間、歓喜のあまり崩れ落ちた谷口選手と・・・

20061126n.jpg
その少し横で、全く同じ体勢でピッチを叩き付けて喜びを爆発させていた中村選手。
この直後、ボランチコンビの2人は顔を見合わせて、座り込んだまま笑顔で健闘を讃え合っていました。

20061126p.jpg
試合は、この直後に終了のホイッスル。06年ホーム最終戦。これ以上ない形で、勝利することが出来ました!

20061126q.jpg
決勝点をアシストした井川選手を、満面の笑みで迎える森選手。本当に嬉しそうでした。


試合終了後は、ホーム最終戦セレモニー。引退する3選手の挨拶などがありました。
その写真はまた明日以降・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。