等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
FC東京戦 写真
大変遅くなりましたが、先週末・FC東京戦の写真です。

色々な意味で、印象深い試合になりました。我々サポーターに出来ることは、気持ちを切り替えて、前を向いて、チームを信じること。
残り4試合、全力で行きましょう。


20061111a.jpg
雨の味の素スタジアム。近場のアウェー戦はこれが今季最後ということもあってか、多くのサポーターが駆け付けました。負けられない戦いを前に、選手達も気合いの入った表情。

20061111b.jpg

20061111c.jpg
ポー無側に決して負けない大声援の中、試合開始のホイッスルからわずか7分。マギヌン選手の蹴ったFKから谷口選手がヘッドでいきなりの先制点! 

20061111d.jpg
立ち上がりに価値あるゴールを決めた谷口選手は満面の笑みでガッツポーズ。これで試合の流れはこっちのもの!と、勝利への自信を掴んだ瞬間でした。

20061111e.jpg
しかしその7分後にセットプレーから失点。その直後に再びゴールを決めてリードを奪い返すも、早くも激しいぶつかり合いとなってきた試合の流れに、「これは撃ち合いになるかも・・・」という雰囲気が。

20061111f.jpg
両チームとも、一瞬の油断も許さずボールを奪い合う、見ているこちらの呼吸が苦しくなるような展開。1点のリードが気休めにもならないような時間が続きます。

20061111g.jpg
試合の合間のわずかな時間には、スタッフ総出でベンチを飛び出し選手に指示。この戦いにかける熱い思いを感じる光景でした。

20061111h.jpg
ガンガン攻め立ててくるFC東京に、全力で立ち向かう伊藤選手。ラインギリギリの攻防にも神経を集中し、守りの要として奮闘します。

20061111i.jpg

20061111j.jpg
そして前半終了間際、ジュニーニョ選手のボレーシュートがゴールネットを揺らし、貴重な貴重な追加点! ジュニーニョ選手を担ぎ上げて喜ぶマギヌン選手に負けないくらい、サポーターも大絶叫で歓喜の雄叫びを上げました。

20061111l.jpg
1-3で迎えた後半戦。さあここからが勝負!と気合いを入れ直したばかりのサポーターの目の前で、マギヌン選手が4点目となるゴール!キーパーと1対1という、実は案外難しい形から落ち着いて決めた追加点に、青い客席はやんやの大歓声。

20061111k.jpg
サポーターの大声援に向かって攻め上がる、ジュニーニョ選手をはじめとする選手達。前半戦以上に応援に力が入り、このままいけば確実に勝ち点3!と、勝利を信じて拳を振り上げ続けたのですが・・・

20061111m.jpg
後半8分にジュニーニョ選手、続いて39分にマルコン選手が退場となり、サポーターの悲鳴と怒号、異様な雰囲気の中で立て続けに失点を許し、6分というロスタイムの終了を告げるホイッスルが鳴った瞬間は、言葉を発することも出来ませんでした。5失点で勝負に敗れたという現実。ピッチ上に立ちつくす選手・スタッフの姿を見るのがこんなに苦しいことになるとは・・・

20061111n.jpg
この試合、一番辛い思いをしたのは全力で戦い抜いた選手達。彼等を「サポート」してこその「サポーター」。次の試合はホーム‥等々力です。前を向いていきましょう!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。