等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
京都戦 写真
少々遅くなりましたが、京都戦の写真です。
残り試合数が僅かとなり、今まで以上に勝ち点3へのプレッシャーが増してきました。ハーフタイムには客席のあちこちで「レッズ、負けてるってよ」とのささやき声が聞かれるなど、いよいよ終盤戦の雰囲気です。

写真は、クリックしてどうぞ。

20061028q.jpg

20061028p.jpg
本日のサイン会は米山選手と西山選手。喜びつつも緊張の面持ちで選手と写真撮影をする、子供サポの姿も多数見られました。

20061028b.jpg
試合は、何故かいつもと逆サイドでキックオフ。「京都は当然守備から入ってくるだろう」と思ってはいましたが、予想以上に人数を掛けてこちらの攻撃を防ごうという作戦。フロンターレは中盤から前線へ積極的にボールを送りたいところですが、序盤は相手の術中に取り込まれたか、なかなかリズムが作れません。

20061028d.jpg
ひとたびジュニーニョ選手にボールが渡ると、一斉に囲い込む京都選手達。

20061028c.jpg
攻めあぐね、我慢の時間が続く中でも決して焦らず、ラインをコントロールし、敵のカウンターを許さない守備陣。こういった試合展開の時は、ぽろっと一瞬の隙で失点することも多々あるのですが、安心して見ていられました。

20061028a.jpg
古巣・京都を相手に、いつも以上に活き活きとした表情でプレーしていた森選手。通常と逆サイドで試合が始まり、後半は左サイドに移ったため、バクスタのユースケファンにとっては「いつでも森が近くを走っている」という、嬉しい試合になりました。

20061028e.jpg
なかなか得点のチャンスが見出せない試合展開に「前半は敵の思うツボで0-0か」と思い始めた38分、いい位置でFKのチャンス。キッカーは中村選手かマギヌン選手か・・・?

20061028f.jpg

20061028g.jpg
蹴ったのは中村選手!寺田選手の頭を経由したボールに我那覇選手が合わせ、試合の流れを一気に引き寄せる先制ゴール!

20061028h.jpg
「こういう試合の時は、まずセットプレーで1点」という、お手本のようなゴールになりました。

20061028k.jpg
この1点がものを言い、後半に入ると試合は動きのある展開に。フロンターレに攻撃のリズムが出来ると同時に、京都も得点を奪いに攻め上がりますが、全員が集中してしっかりブロック。そう簡単には決めさせません。

20061028i.jpg
相変わらずの見事な足技でチャンスを作り続けたマルコン選手。前半はなかなかサイドからの突破も形になりませんでしたが、流れさえ掴んでしまえばこちらのもの。流石の動きで敵を翻弄します。

20061028m.jpg
昨年に引き続き、全試合出場・チーム最長試合出場時間の記録を更新し続けているキャプテン・伊藤選手。90分間ぶれることのない彼のディフェンスが、このチームを支えていることは間違いありません。

20061028j.jpg
この背中も、すっかりチームにフィットしました。

20061028l.jpg
そして、終了間際、後でVTRを見直すと「あんな狭い隙間を?!」と驚くようなコースに中村選手が絶妙のスルーパス。走り込んだマギヌン選手が決めて追加点!これで勝負は決まりました。

20061028n.jpg
下位チームが相手だからこそ、絶対に負れられなかったこの試合、見事勝ち点3をゲット!優勝戦線に踏み止まる、貴重な勝利です。

20061028o.jpg
「あんたが大賞」は、ゴールを決めたこの2人。お疲れ様でした!


いよいよ残り試合はわずか5。これからの戦いは今まで以上に重い意味を持つものとなりますが、まずは次の1戦に勝利すること。気合いを入れていきましょう!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。