等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
いよいよです
いよいよ、あと数時間で我那覇選手の代表デビュー試合、トリニダード・トバゴ戦が始まります。

オシム・ジャパンの初陣をこの目で見ようと、国立競技場の周辺には、早くも午前中から青いユニフォームを身に纏ったサポーターが、次々と集まってきている様子です。脱いだら中には赤いユニ着てたりしない?という気もしますが、日本中の熱い視線が集中する大一番となることは間違いなさそうです。

沖縄の高校を卒業して、すぐに川崎にやって来た我那覇選手。「いつまでたっても、ひとりで沖縄時間を生きている」と言われ続け、なかなか結果のでない時期もありましたが、こうして代表の舞台に立つ彼を見ることが出来るなんて、本当に嬉しいし、なんだかしみじみしてしまいます。

我那覇選手でなつかしいのは04年7月の水戸戦。この日は試合前に「SUKI SUKI フロンターレ」の公開録画が市民ミュージアムであり、そこに届けられたサポーターへのビデオメッセージの中で「今日の試合では2点決めます!」と不思議なくらい強気の“ゴール予告”をした上で、実際にはハットトリックを決めてくれました。大喜びのサポーターが「今日の我那覇はどうしたっていうんだ」と首をかしげていると、試合終了後に「実は長男が誕生しました!」と嬉しい報告。あの時の弾けるような笑顔は忘れられません。

こうした「特別の試合」に滅法強い我那覇選手。まずは怪我をせず、彼らしいパフォーマンスを見せてくれることが何よりですが、この大舞台を思い切り楽しんで、活躍してきてくれたらと思います。

頑張れ! 我那覇選手。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。