等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
G大阪戦 写真
平日開催にもかかわらず、2万人を超えるサポーターで埋め尽くされた等々力スタジアム。首位決戦の大一番は、非常に見応えのある好勝負となりました。

写真は、クリックすると少し大きくなります。

20060726s.jpg
修羅場3の最終戦。強豪・G大阪をホームに迎え、主審はW杯を経験した上川氏。試合開始ギリギリになっても、スーツ姿で焼きそば片手に空席を探すサポが見られた満員のスタジアム。いよいよ舞台は整いました。

20060726a.jpg
序盤はG大阪ペース。今日こそはゴールを決めたい我那覇選手が前線へ攻め上がりますが、巧みなパスワークに翻弄され、なかなか得点には結び付きません。

20060726d.jpg
なかなか攻撃の糸口が掴めない中、左サイドでチャンスを作り続けたマルコン選手。ライン際ギリギリまで決してあきらめない、執念深いプレーを見せてくれました。

20060726c.jpg
形勢不利の時間帯でも「我慢して耐える」ことを覚えたフロンターレ。前半25分にFKから先制を許しますが、カウンターのチャンスを狙いつつ、しっかり守備に集中します。

20060726e.jpg
0-1で迎えた後半開始早々、絶好の位置でFK獲得。キッカーは中村選手。

20060726f.jpg
ゴール右上を狙ったシュートはバーを直撃。しかしそこに詰めていた箕輪選手が冷静に頭で押し込み1-1に追いつく同点打! 後半、早めの時間帯に追いついておかなくては苦しいと考えていただけに、飛び上がる程嬉しいゴールでした。

20060726g.jpg
大歓声と共にブンブンタオルが振り回され、「これからが勝負だ!」とサポータも改めて気合いを入れ直します。

20060726h.jpg
5月のアウェイ・福岡戦以来のスタメン出場となった佐原選手。関塚監督の試合後のコメント「佐原はホントに3バックの真ん中として、しっかりと守備の面でやってくれたんじゃないかと思います。」という言葉にもあるように、安定した守備で最終ラインの砦となりました。

20060726i.jpg
これ程彼の存在が大きなものになるとは、誰に予想できたのか・・・ 右サイドで攻守共にキレのある動きを披露し続け、サポーターの信頼に確実に応えてくれた森選手。後半、バックスタンドのサポーターの前でドリブルを仕掛ける度に、大歓声に包まれていました。

20060726k.jpg
1点奪い、リズムが作られつつあった時間帯に、カウンターからジュニーニョ選手がPKゲット!キッチリ決めて待望の勝ち越しゴール!

20060726j.jpg
しかしその5分後、一瞬の隙を突かれて再び試合は振り出しに。猛攻を仕掛けてくるG大阪の勢いに負けじと、サポーターは声を限りに叫び続けました。

20060726m.jpg

20060726n.jpg

20060726o.jpg
そしてついに、後半32分にドラマは生まれました!
ピンぼけの写真で大変恐縮ですが、マルコン選手からからボールを受けたジュニーニョ選手が、絶妙のパスを右のマギヌン選手に、そこから見事なトラップでボールを落ち着かせたマギヌン選手が、一気にゴール!! スタジアムに駆けつけた全てのフロンターレサポーターが立ち上がり、拳を振り上げ絶叫した、見事な来日初ゴールとなりました!

20060726p.jpg
マギヌン選手本人はもとより、駆け寄る選手達も本当に嬉しそうな表情でした。

20060726l.jpg
1点リードしたものの、ロスタイムにかけての時間帯に滅法強いG大阪。小さなひとつのミスも命取りとなるたげに、DF陣を中心に最後の踏ん張りを見せます。

20060726q.jpg
そして試合終了! 実力で、この等々力で首位の座を奪い返しました!!
昨年の最終節では、終了のホイッスルと共に崩れ落ちる選手の姿がありましたが、今日は笑顔・笑顔です。

20060726r.jpg
インタビューを終え、サポーターの前に駆け付けたマギヌン選手。割れんばかりの拍手に迎えられ、最高に嬉しそうな表情を見せてくれました。これからも活躍を期待しています!

2勝1敗となった修羅場3。しかし、戦いはまだまだこれから。これから対戦するどのチームも、決して簡単な相手ではありません。毎試合が負けられない真剣勝負。気合いを入れていきましょう!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。