等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
J1第15節(対ガンバ大阪)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇和樹、ジュニーニョ、マギヌン
MF:マルコン、谷口博之、中村憲剛、森勇介
DF:伊藤宏樹、米山篤志、箕輪義信
GK:相澤貴志

中三日での厳しい試合が続きます。明日は等々力でのガンバ大阪戦です。

前節は浦和に0-2と悔しい敗戦を喫してしまったフロンターレ。リーグ戦での敗戦は第3節の甲府戦以来ですから、負けなしの記録は10で途切れてしまいました。今節は、前節の敗戦からどう立て直してくるのかに注目です。

スタメンは、前節出場停止で欠場した森選手の復帰を予想しています。他の選手と違い、1週間のインターバルを挟んでいますから、いつもにも増しての活躍を期待したいところです。

対するガンバ大阪は、ここ5試合で3勝1分1敗。中断明け後は2勝1分となっています。特に、前節はシジクレイとマグノアウベス両選手を欠きながらも名古屋に5-1と大勝。今節から両選手の復帰が予想されていることから、万全の状態で等々力にやって来るものと思われます。

ガンバ大阪の得点パターンで特徴的なのは、後半終了間際の得点。総得点34のうち、後半残り15分での得点が実に12ですから、如何に終了間際の得点が多いかが分かります。

一方、失点パターンで一番多いのは、前半の終了間際での失点。総失点17のうち、5点が前半31~45分の間に挙げられています。次いで失点が多いのは、後半の立ち上がり。後半0~15分での失点は4となっています。また、他チームでは比較的多い後半終了間際の失点は少なく、確実に僅差でリードしている試合をものにする力を持っていることが分かります。

フロンターレとしては、前半30分~後半15分あたりのタイミングで先制点を奪い、効果的に追加点を挙げていって逃げ切りたいところですが、恐らく今節も難しい試合になるのではないでしょうか。

平日開催とは言え、今節は修羅場3の最終戦。是非、ここは勝利でキャンペーンを終えたいところです。

スコア予想は、3-2で川崎の勝利とします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。