等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2006ファン感 写真(その2)
ファン感の写真の続きです。クリックしてどうぞ。


20060708u.jpg
洗濯バサミゲームの次は、「アルゴリズム行進」をどれだけ正確に出来るかゲーム。真剣にやっている・・・のだとは思いますが、不気味さが拭えない雰囲気の面々。

20060708v.jpg
それでも完璧に仕上げて見せたボケチームに対し、ツッコミチームは先頭のこの選手から微妙なあやふや加減。いまいちリズムにも乗れず、残念ながら判定負け。

20060708w.jpg
毎年恒例「箱の中身は何だろな・ゲーム」。答えは「どじょう」ですが、ヌルヌルした感触にどの選手も及び腰。「おたまじゃくし?」「うなぎ?」などの回答の後にようやく正解。

20060708x.jpg
最終問題の「答え」は何と武田社長! どじょうに触れた直後の手で遠慮なく触りまくられ、「これは査定のとき考えなくては・・・」とつぶやきなから去っていきました。

20060708y.jpg
こちらも恒例「激辛に当たったのは誰だ?・ゲーム」一つだけ辛いカレーを食べた選手を当てるこのゲーム、全員が辛そうなフリをして見せましたが、両チーム共に正解! 「当たり」だったテセ・飛弾選手共に、演技力はいまひとつのようです。

20060708z6.jpg
少しここで売店の様子も。
こちらはテセ選手のお母さんが作る韓国料理のコーナー。長蛇の列が出来ていました。
「チヂミ」じゃないんですね・・・ 

20060708z7.jpg
こちらも大人気だったブラジル料理コーナー。陽気なラテンのリズムで、歌って踊りながらオーダーを受けてくれました。

20060708z8.jpg
カレーのような物が、ジュニーニョ選手の好物・フェジョアータ。ブラジル風ソーセージのリングイッサに、チジミ。

20060708z1.jpg
ステージに戻って・・・ 最後のゲームは、NECバレーボール「レッドロケッツ」のスパイクを何本受けられるか?の戦い。いつものことながら、これに勝ちさえすればいままでの点数に関係なく勝利!ということで、気合いが入ります。が、いつものクセで手より先に足が反応する選手も。

20060708z.jpg
この頃になると、売店での仕事を終えた選手達もステージ裏に集まり始めました。

20060708z5.jpg
蒸し暑い中でのファンサービスは、いつもの練習とはまた違った重労働だったと思われます。お疲れ様でした!

20060708z2.jpg
ステージ上では、バレーボール対決の決着がつかず、「レッドロケッツの選手相手にスパイクを打ち込み、見事決まればOK」の変則ルールに。まずはツッコミチームの飛弾選手が技あり1本! 対するボケチームはテセ選手。

20060708z3.jpg
・・・が、綺麗にブロックされてあえなく敗退。の瞬間を舞台袖で見守っていた関塚監督。

20060708z4.jpg
そんな喧噪を余所に、仲良しの西山選手を相手になにやら楽しそうなジュニーニョ選手。どうやら手に持った紙には、この後披露した日本語での「閉会スピーチ」が書かれていて、直前練習をしていた模様。


この後は、2年ぶりに「は~い、やべっち」の収録があり、選手・スタッフ・サポーターが一つになって、楽しく閉幕とすることが出来ました。

毎年のことながら、選手とサポーターの距離が近いファン感謝祭。J1に昇格し、好成績を収めても変わらないこの姿勢は、ずつと大切にしていけたら良いなぁと思います。

さて、いよいよ来週からはリーグ戦再開! 楽しみです!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。