等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2006ファン感 写真(その1)
遅くなりましたが、ファン感の写真です。
当日まで天候が心配でしたが、何とか降らずにすんで良かったですね!
まずは前半部分の写真をどうぞ。クリックすると大きくなります。


20060708a.jpg
今年の司会進行は、お馴染みフロンターレOBの中西哲生氏。
選手登場前の前座(?)では、懐かしの伊藤優津樹元選手も登場。現役は引退しても、元気に活躍されている様子です。

20060708b.jpg
いよいよ選手入場。ブラジル人選手は黄色いTシャツを身につけての登場となりました。

20060708d.jpg
公式ページのトップ画像そのままの姿で、颯爽と現れた関塚監督。意外な程のノリの良さに、客席からは拍手喝采。

20060708e.jpg
新加入の2選手も自転車で軽やかに登場。

20060708z9.jpg
勢揃いした選手・スタッフ。これだけ全員揃った姿を見られるのは、ファン感くらいのものです。

20060708c.jpg
ステージの隅っこでは何やらヒソヒソ話も。

20060708f.jpg
一言も話さないうちから爆笑を誘っていたテセ選手。「このファン感のためにプロサッカー選手になった」と言い切ってしまう、思い切りの良さには脱帽。

20060708g.jpg
そして始まった選手対抗歌合戦。期待を裏切らないテセ選手のパフォーマンスに、客席はいきなり大興奮。ドンキホーテで6,500円(自腹)の衣装に身を包み、見事なステップを踏みながら「ヤングマン」を熱唱する姿に、見ているこちらの目が回りそうでした。

20060708h.jpg
そんなテセ選手を、何とも言えない表情で見守る審査員・関塚監督。

20060708i.jpg
続いて登場したのは井川・飛弾選手。テセHGの後では少々分が悪いものの、「青春アミーゴ」を元気に披露。

20060708j.jpg
カンペ係も、一生懸命。

20060708l.jpg
ツッコミチーム団体戦は、SMAPで勝負。やや足並みの揃わない振り付けも、味わい深いもの。

20060708k.jpg
「このメンツでキムタクやるなら、俺しかいないっしょ」と不敵に笑った佐原選手。司会の中西氏に「お前は10年前から変わらないねぇ・・・」としみじみされていました。

20060708m.jpg
「練習後はすぐに家に帰っちゃうから、チームメイトとはあんまりカラオケに行かない。」という中村選手。なかなかの愛妻家のようです。

20060708o.jpg
「メイクに時間がかかる」というので「?」と思っていたら、ボケチームはこの格好でモーニング娘。を披露! 試合中の凛々しい姿からは想像も出来ない艶姿に、悲鳴を上げる女性の姿も。

20060708p.jpg
最後まで「俺は何をやっているんだろう・・・」という気配の消えなかった谷口選手に比べ、最初からパワー全開だったのは都倉選手。去年も相当なインパクトを与えてくれましたが、今年も負けてはいません。これからのファン感には欠かせない人材となりそうです。

20060708q.jpg
関塚監督に「とても今年入ったばかりの新人とは思えない・・・」と感嘆されたテセ選手。最初の曲では「緊張して膝がガクガクした」とのことでしたが、この曲では既にアドレナリン分泌量が最大値に達した様子。

20060708r.jpg
歌合戦の次は「顔に何個洗濯バサミを付けられるか?ゲーム」。ボケチームは我那覇選手が犠牲となりました。先輩選手に一応遠慮する素振りは見せつつも、実に楽しそうに次から次へと洗濯バサミを挟んでいく若手選手達。

20060708s.jpg
ツッコミチームは飛弾選手が土台とあって、一切手加減なし! 人間の顔にこれだけの洗濯バサミがくっつくものだとは、初めて知りました。

20060708t.jpg
忍耐に忍耐を重ねた飛弾選手の努力が実って、このゲームはツッコミチームの勝利。しかし、相当痛かったようで、しばらくは顔中が真っ赤っか。さすがに中村選手も心配げな様子を見せていました。


写真はまだまだありますので、残りは明日アップします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。