等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【J1第2節】京都パープルサンガ-川崎フロンターレ○(2-7)
「だいぶ感覚がつかめてきているので、ヘディングでのゴールを増やしたいです」

開幕戦でのマッチデープログラムでこう語っていた我那覇選手。前節は2つのヘディングによるゴール、1つの右足ハーフボレーでハットトリックを達成しましたが、今節も爆発。開始一分には森選手からの折り返しを頭で押し込み、貴重な先制点を叩き出しました。後半には得意の右足でのゴールもあり、2得点。「2試合連続のハットトリックも狙っていた」とのコメントが頼もしいですね。両足、そして頭での得点。我那覇選手は、着実に進化の階段を登っているのではないでしょうか。

2点目のゴールを決めたのは中村選手。30メートルを超えるであろうロングシュートを豪快に決めてくれました。「ゴールは打った瞬間、入ると思った。インパクトがよかったので」とは試合後のコメントですが、フリーであったとはいえ、あの抑えの効いた弾道は見事の一言。今後も期待したいと思います。

開幕戦に続いて活躍したマルコン選手。独特のリズムでの突破、そして正確なクロス。どれをとってもサポーターを驚かさずにはいられない存在になりました。また、サポーターを大切にする姿勢は日本に来てからも変わっていません。開幕戦でお立ち台に立ち、サポーターに挨拶した外国人選手は彼くらいではないでしょうか。そして、今節は来日初ゴールをヘディングで決めてくれました。高い打点から叩き付けるヘディングは迫力充分。「これからも試合をこなしていけば、もっといいプレーができる」と語っているマルコン選手からも、目を離すことが出来ません。

そして、この試合の主役といえば、やはりジュニーニョ選手でした。後半はスピードに乗ったドリブルで複数のDFを振り切り、あっという間に2点。さらにはキーパーの頭上を越えるループシュートでハットトリック。開幕戦での我那覇選手に続いて、今季二人目のハットトリックになりました。「我那覇と2人で一生懸命ね」。前線での連携は、まだまだこれから深まっていくのかもしれません。

この日は、西京極の他、HUB川崎店にも多くのサポーターが詰めかけ、試合を見守りました。多彩な攻撃から生み出される得点からは、フロンターレの魅力が溢れていました。是非、この調子で快進撃を見せてもらいたいものです。

20060312174242.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。