等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
卒業生の嬉しい進路
川崎フロンターレ公式ページにおいて、『相馬直樹氏「クラブアシストパートナー」契約のお知らせ』 『久野智昭氏「強化部スカウト担当」就任のお知らせ』が発表されました。

相馬氏の活動としては「川崎フロンターレ広報物でのコラム等執筆」等の他に「川崎フロンターレ応援番組でのコーナー担当(tvk:ファイト!川崎フロンターレ等)」とあるのが目に止まりました。今シーズンより浦上氏が引退し、寂しい気分でいたのですが、相馬直樹教授が後任で頑張ってくれとなれば、これは期待大!です。現役時代からその知的なコメントには定評のある相馬氏、相当楽しませてくれるのではないでしょうか。

去年のクリスマスイブ、息が白くなるほどの埼玉スタジアム。Jリーグという時代と共に生きた彼の引退を告げるホイッスルが鳴った瞬間、見ていたこちらが思わず息を呑むような、清々しい笑顔を浮かべた相馬選手。どうしても勝ちたかった試合に敗れたことすら、一瞬忘れてしまうほどの笑顔でした。
正直、「相馬選手は、そうは言ってもフロンターレより、もっと思い入れのあるチーム、時間が多い人なんだろう」という気がすることもなかったわけではではないのですが、あんなに素晴らしい笑顔で引退の瞬間を迎えた名選手が、フロンターレに関わり続けてくれることは、本当に嬉しいことだと思います。

そして久野選手。

引退を聞いた瞬間、「これからもフロンターレの側にいてくれたら・・・」と思ったものでしたが、こういう形でスタッフとして残ってくれるというのは、実に心強いものです。フロンターレの近くにいる、というだけで、なんとなく安心感を与えてくれる人柄ですよね。
しばらくの間は、現役選手達のキャンプや練習場に姿を現す度に「ベティさん、何で筋トレしないンすか!」「ベティさんもちゃんと走らなきゃダメっスよ~」なんていじられそうな雰囲気ですが・・・

現役を引退した選手が、その先の新しい道を元気に歩いている姿というのは、嬉しいものです。

アウグスト選手も、地元ブラジルの新聞で「ブラジリエンセ優勝の鍵を握るのは、左サイドの達人アウグスト選手!」と騒がれるくらいの活躍を見せているようですよ!

20060215222356.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。