等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アトレチコ・パラナエンセでのマルコン選手(3)
マルコン選手の約1年前のインタビュー、最終回です。

-----
「アトレチコのマルコンとして」(3)

-あなたは、サポーターと共に激しく戦う姿勢で知られていますが、その点についてはどう思われますか?

「それは、私のスタイルだね。私は負けるための方法を知らないし、なにより負けることが嫌いなんだ。この前3連敗したときには、悔しさで2晩眠れなかったよ。こういったことは私にとっては自然なことだし、私の特徴のひとつだと考えている」

-スタジアムが満員の時と、空席が目立つときではプレーが違ったりするものですか?

「試合中、私の心臓の鼓動の音はサポーターの皆に届いていると思うんだけど(笑)。私にとって、サポーターは力を与えてくれる存在だ。だから、このアリーナで試合をする相手チームはとてもやりにくいだろうと思う。サポーターは、我々を勇気づけてくれる存在なんだ」

-何人かの審判は、自制心を失ってゲームをダメにしてしまうことがあります。あなたはAPRで結構多くのカードをもらっていますが、この点についてはどうですか?

「私の人生の中で、これほど多くのカードをもらったことはない。私は暴力的なプレーヤーではないし、人の倒し方なんて知らない」

-出場停止の際に、ピッチの外からゲームを見ているときの気持ちはどんなものですか?

「対フラメンゴ戦では、客席から試合を見ていたんだけど、同じサポーターになってしまったよ。フラメンゴのサポーターにブーイングしてしまったし(笑)」

-このブラジル選手権の試合の中で、最も感動した瞬間はどれですか?

「コリチーバとの試合も確かにそうだけど、サンカエターノとの試合も感動した。我々がゴールを決めた後、しばらく涙が止まらなかった。観客席にいる妻を見たら、また泣けてしまった」

-将来に向けてのチームの計画についてはいかがですか?

「私はAPRとの間で2006年末までの契約を更新した。このことに、まずはほっとしている。私はこのチームでタイトルを獲りたいと考えている。それも、今は出来ればブラジル選手権を獲りたい。来年にはリベルタドーレス杯もあるし、APRは常にタイトル争いをすることになるだろう。APRはチームとしての経験を積んでいるし、過去の失敗に学ぶことの出来るチームだから、近々タイトルを取ってビッグクラブになると思う」

-将来、あなたはどのようなプレーヤーとして人々に記憶されていたいと思いますか?

「APRのマルコンとして覚えておいてもらいたいと思う。私は常にこの場所でプレーしたいと考えている。APRにおいて良いプレーが出来ていることを神に感謝したい」(了)

2004年12月16日21:20

-----

マルコン選手、サポーターを愛する熱い選手ですね。公式サイトでも、「早くサポーターの皆さんに会いたい」とのコメントが出ています。試合でマルコン選手の姿を見るのが待ち遠しくなってきます。

チームは昨日から始動。いよいよ今日から、宮崎キャンプに入ります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。