等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
浦和戦 写真
残念ながら今年の最終試合となってしまった浦和戦。
耳がちぎれそうな寒さの中、選手達は本当に一生懸命戦ってくれたと思います。

写真は、クリックしてどうぞ。

051224-c.jpg
真っ赤に埋め尽くされたスタジアム。レッズサポの大歓声の中でのキックオフとなりましたが、伊藤選手の動きは冷静そのもの。キャプテンとして、チーム全体を巧みにまとめ上げます。

051224-b.jpg
箕輪選手に「俺より“肉体と肉体のぶつかり合い”が好き」と言われた谷口選手。ファイフロで見せた摩訶不思議な気配は微塵も感じさせず、力強いプレーを披露。

051224-a.jpg
試合を重ねる毎に、頼もしさが増してきた背中です。

051224-d.jpg
前半30分を過ぎた頃、激しいぶつかり合いの中で箕輪選手が左目の辺りを痛めた様子。かなり痛そうな雰囲気にサポーターも一瞬緊張しました。

051224-e.jpg
関塚監督のこの姿も、残念ながら今日で見納め。
・・・ライン、踏んでますよ。

051224-f.jpg
今日もジュニーニョ選手に代わってゴールを狙うフッキ選手。前節では2得点を挙げているだけに期待がかかりましたが、なかなかチャンスをいかし切れず。

051224-g.jpg
1人少なくなったこともあり、後半からマルクス選手に代わって出場の原田選手。数的不利の苦しい状況の中、必死にボールを追い続けました。

051224-h.jpg
何とか1点を奪い取ろうと、9℃という寒さの中で汗だくになって走り続けた我那覇選手。2点を先制された後も、一瞬たりともあきらめる気配を見せませんでした。

051224-i.jpg

051224-j.jpg
フロンターレは76分に長橋選手、82分には黒津選手を投入し、なんとしても、まず1点を奪いに全力を尽くします。

051224-k.jpg
・・・しかし、残念ながら0-2で浦和の勝利。リーグ戦での借りを返すことは出来ませんでした。来年は“打倒!レッズ”で、トマトジュースを飲みましょう。

051224-l.jpg
今年最後の挨拶には、監督の姿も。

051224-m.jpg

051224-n.jpg
そして相馬選手。
この日も、引退なんて到底信じられない見事なプレーの数々を見せてくれました。
昇格1年目でベスト8の成績には満足できても、彼を最後に国立に連れて行けなかったことだけとは、本当に残念です。
フロンターレの一員となったその日から、「本当のプロとはこういうものなんだ」ということを伝え続けてくれた相馬選手。彼が、最後にフロンターレというチームを選んでくれたことは、我々にとって、とても幸せなことだったと思います。
今まで、本当にありがとうございました。


さて、今年のフロンターレはここでひとまず終了。来年は更なる飛躍に期待です!


スポンサーサイト
フロンターレ展・箕輪選手トークショー 写真
18日に行われた、「Let's Go! 川崎フロンターレ展」での箕輪選手トークショーの様子です。
写真はクリックしてどうぞ。

20051220170413.jpg
9:30の整理券配布を待ちかねて、9時過ぎには200人以上の行列の出来た市民ミュージアム。 
箕輪選手登場までの間、ふろんた君とピーカブー君がサポーター達の相手役。アルゴリズム行進をしてみせたり、トレカを子供にプレゼントしたりと大サービス。

20051220170421.jpg
日々野真理さんの司会でいよいよトークショー開始。今シーズンを振り返って「もっと上位にいけると思っていた」「すごい選手だと思ったのはガンバのあの3人。動きが掴めなくて、試合中に“どうする?”って相談したりしていた」等、なかなか聞くことの出来ない生の声を聞かせてくれました。

20051220170431.jpg
会場をぎっちりと埋め尽くしたサポーター達。「代表の(川口)能活君には、アシックス仲間ということで歓迎されました。他にアシックスの人いないみたいで」「子供が生まれてからは、カードをもらわなくなりましたよ。カードコレクターの称号はタニに引き継ぎました」等、軽快なトークに度々笑い声が。

20051220170438.jpg
千頭いるかの授与式。「サポーターの皆さんが、千羽“鶴”ではなく、“いるか”を折ってくれました。」の司会のコメントに合わせて「僕です!」と主張するふろんた君。

20051220170446.jpg
去年に引き続き、かんちさんから千頭いるかが箕輪選手に手渡されました。

20051220170454.jpg
皆で記念撮影。

20051220170502.jpg
公式戦着用ユニフォームなどが当たるプレゼント抽選会は、箕輪選手が当選者を選ぶというシステム。一斉に手を挙げて「欲しい!」と叫ぶサポーター達を前に、「これは・・・選ぶのホントに難しいなぁ」と心底困った様子。最近は愛娘に夢中ということも影響してか、子供を中心に当選者を決めていました。

20051220170511.jpg
箕輪選手が所属していた子供サッカーチームにいるという男の子には、「カードを恐れず頑張れよ!」とのアドバイス。

20051220170520.jpg
最後に、サポーターに向かって「前回の浦和戦はああいう結果でしたので、今回は、ぐうの音も出ないようにしてやります。やってやります!」と力強い言葉を贈ってくれた箕輪選手。週末は期待できそうです!

この後、怪我をしている右手に代えて、左手で一人ひとりと丁寧に握手をしてくれました。
J1に昇格しても、代表に選ばれても、相変わらず誠実でサポーターを大切にしてくれる箕輪選手。温かい人柄を感じることの出来るトークショーとなりました。
麻生に行って来ました 練習試合・写真
土曜日に行われた、中央大学との練習試合を見学に行ってきました。
写真は、クリックすると少し大きくなります。


IMG_82071217.jpg
練習試合1本目は、レギュラーメンバーで構成されたチーム。
沖縄出身の我那覇選手ですが、こちらの寒さはそれほど辛くない様子。

IMG_85071017.jpg
ふと谷口選手の練習着を見ると、「15」の番号が。来期からの新ナンバー・・・なのでしょうか?

IMG_82801217.jpg
寺田選手。大学生相手でも一切手は抜かず。

IMG_81841217.jpg
森選手は、たとえ本番でなくとも、熱いプレーは相変わらず。

IMG_81921217.jpg
そんなAチームの様子を眺める選手達。

IMG_82751217.jpg
「これだけ動けるのに、本当に引退?!」とあちこちで驚きの声が上がった相馬選手。周囲の選手へ大きな声を掛けながら、走り回っていました。

IMG_82631017.jpg
少しでもミスが見られると、監督から激しい指導の声が。

IMG_83371217.jpg
ゴールを決め、嬉しそうな我那覇選手と、「よしよし」と頭を撫でる中村選手。

IMG_82311217.jpg
力強い動きで相手FWの動きを封じ込める伊藤選手。1本目の試合、中央大学の選手はペナルティエリア内に近づくことすらほとんど不可能でした。

IMG_83881217.jpg
フッキ選手が見事などドリブルからシュート!かと思われましたが、ここはGKがキャッチ。

IMG_82471217.jpg
結局、ほとんど仕事をする必要のなかった相澤選手。

IMG_84251217.jpg
1本目終了! お疲れ様でした。

IMG_84591217.jpg
佐原選手は2本目からの登場。

IMG_84851217.jpg
1本目だけ出場したマルクス選手ですが、その後も独り、グラウンドを黙々と走り続けてトレーニングを続けていました。

IMG_85571217.jpg
久野選手も元気な様子。この姿が今季限りかと思うと・・・寂しい限りです。

IMG_85281217.jpg
契約満了が発表された下川選手。彼の経験と、頼もしいコーチングは、どこに行っても通用するはず。来年からは、手強い相手となるかもしれません。

IMG_84631217.jpg
暖かくして、のんびりと見学中。

さて、本日は箕輪選手のトークショー。そしてクリスマスイブには天皇杯。フロンターレのシーズンはまだまだ終わりません。気合いを入れていきましょう!
フロンターレ展へ行ってきました
川崎市市民ミュージアムで開催されている、「Let's Go! 川崎フロンターレ展」に行ってまいりました。


PICT0002.jpg


去年とは少し展示場所を変え、トークショーの行われる逍遥展示空間の真後ろが会場となっていました。代表に選ばれた箕輪選手のコーナー、引退する相馬選手のコーナーをはじめ、今年1年を振り返る沢山の写真等が展示されていて、なかなか見応えがありました。(去年より少し規模が小さくなっているかな・・・?という気もしますが)

大きなスクリーンを設置しての映像コーナーでは、今シーズンの全ゴール集が放映されていて、「ああ!! これこれ!このゴールっ!」としみじみ楽しむことが出来ましたが、スクリーン横には『本日の映像・ゴール集』という張り紙がありましたので、どうやら日によって放映内容が違うようです。成田でのアウグスト選手・ラストメッセージをここで流します、とファイフロで言っていましたが、あれは運が良くないと見られないのでしょうか・・・?
何日か通ってみようとは思っていますが。

ちなみに本日は、おそらく他の常設展(川崎の歴史コーナーとか)で社会見学をする小学生の団体が来ていましたが、その子達が、引率の先生の目を盗んではフロンターレ展に忍び込み、「我那覇かっくいー」「これ代表のユニじゃん!」などと小声で騒いでいたのが大変可愛らしかったです・・・

その調子で、立派な川崎サポに育つのだよ。
勝ちました!
「1点差でリードしているときのロスタイム」なんてものが、世の中から消えてなくなればいいのに。


残念ながら長崎まで行くことが出来ず、リアルタイム速報をネットで見ていました。
選手の動きも分からないまま数字を追っているだけだというのに、ものすごく疲れました・・・ 現地で応援されていたサポーターの方々、心労いかばかりかとお察し申し上げます。喜びも大きかったことでしょうが、お疲れ様でした。
是非今夜は九州の美味しいお酒と料理で祝杯を挙げて下さい。

さあ、次はクリスマスイブ! デートなんかしている場合ではありませんよ!
今度こそ浦和に勝って笑うために、サポーター全員埼玉スタジアムに集合です!

G大阪戦 写真 続き
G大阪戦の試合後の写真です。
クリックしてどうぞ。

1203y.jpg
試合終了後、興奮醒めやらぬガンバサポーターも大部分が帰途に付き、落ち着きを取り戻した等々力で「最終戦セレモニー」が行われました。日が暮れ、ますます寒さが増してきましたが、大勢のサポーターがバックスタンドで選手達を出迎えます。

1203z.jpg
ステージに上がる選手達がいつもの笑顔なのを見て、サポーターも一安心。今節の敗戦は残念でしたが、昇格1年目で勝ち点50。8位という成績は、誇れるものだと思います。

1203z1.jpg
この試合を最後に引退する久野・相馬選手。ブラジルに帰国するアウグスト選手から挨拶。
アウグスト選手の「ワスレナイ、アイシテイル。」の言葉には、それまで歯を食いしばって涙を堪えていたサポーターも、耐えきれずに落涙。
来年から、彼らの姿が見られなくなるんて、今でも信じられないような気がします。

1203z2.jpg

1203z3.jpg

1203z4.jpg
挨拶の後は、「みんなでハイタッチ」ゆっくりとした足取りで、サポーター一人一人と手を合わせてくれました。

1203z5.jpg
最後は選手全員で、チームを去る選手の胴上げ。力任せに放り上げるものだから、危ない場面もありましたが・・・ サポーターも一緒になって声を張り上げました。


この後、久野・相馬・アウグスト選手の3人がGゾーン前の、等々力名物「お立ち台」に立ち、あらためてトラメガで挨拶をしてくれました。

写真を撮るつもりでいたのですが、どうしてもレンズ越しではなく、直接彼らの姿を目に焼き付けたかったと、冷静にシャッターを切れるような心境ではなかったので、写真はなしです・・・ すみません。

まだ天皇杯は残っていますが、リーグ戦はこれで終了となりました。
ホーム試合全てと、いくつかのアウェー戦を観戦することが出来、充実したシーズンとなりました。

「フロンターレが好きで良かったな」と、あらためていま、思っています。
G大阪戦 写真
リーグ最終節。G大阪戦。
ホーム・等々力で敵チームの優勝を許すという、悔しい結果になりましたが、全力を尽くした、素晴らしい試合だったと思います。

忘れられない一日になりました。

写真は、クリックすると大きくなります。


1203a.jpg
気温わずか11度の、本格的な冬の訪れを感じさせる等々力競技場。アップ前、芝の様子を確かめに出てきた選手の中には、今季限りで引退を表明した久野選手の姿も。

1203b.jpg
寺田選手と記念写真を撮る姿に、「本当に今日限りなんだ・・・」と、ようやく実感。まだあと数年はいけると信じていただけに、発表を聞いたときのショックは相当なものでした。

1203c.jpg
アップ時、サポーターの声に笑顔で手を振るアウグスト選手。自身の応援歌が聞こえてくると、いつものステップを踏んで見せてくれました。

1203d.jpg
いよいよ試合開始。優勝のかかったG大阪は、立ち上がりから激しい攻撃。代表戦のTV中継で見慣れた顔が攻め上がりますが、寺田選手ががっちりブロック。

1203e.jpg
しかし試合開始からわずか12分で先制点を許し、苦しい展開に。これまで逆転で勝利することの出来ないでいるフロンターレに嫌な空気が漂いますが、すぐに気持ちを切り替え、猛反撃を開始。

1203f.jpg
今季、チームでただ一人全試合・全時間(!)に出場し、チームに貢献し続けたキャプテン・伊藤選手。

1203g.jpg
この試合が終わると、もうこの背中は見られなくなるのだと思うと、90分間があまりにも短いものに感じられました。

1203h.jpg
常に全力で熱い闘志を燃やし続けるこの姿に、サポーターは勇気を与えられてきました。
本当に愛され、愛してくれた選手です。

1203i.jpg
この1年で、フロンターレになくてはならない存在となった谷口選手。日本代表の強者相手に、一歩も引かない強さを見せてくれました。

1203j.jpg
G大阪はジュニーニョ選手を相当研究して来ていた様子。なかなかフィニッシュまで持ち込ませてもらえませんが、集中を切らさず、チャンスを作り続けました。

1203k.jpg
そして37分、右からのコーナーキックに寺田選手が頭で合わせ、同点ゴール! 試合を振り出しに戻します。

1203l.jpg
G大阪自慢の攻撃力の立役者・アラウージョ選手のドリブルを幾度となく阻止し、「さすが代表!」とサポーターを唸らせた箕輪選手。

1203m.jpg
4月に骨折し、長期離脱を経験した我那覇選手ですが、「J1でもやれる!」ということを証明してくれたシーズンになったのではないでしょうか。

1203n.jpg
今日の等々力には、フロンターレサポーター以外にも、相馬選手の最後の戦いを見るために駆け付けたファンが大勢いたようです。Jリーグの歴史と共にあった名選手は、惜しみなくフロンターレに沢山のものを伝えてくれました。

1203o.jpg
試合は、後半に入り再びリードされるも、谷口選手がゴールを決めて2-2。絶対に、この場所で胴上げは許さないという強い気持ちが、選手・サポーターを包んでいました。

1203p.jpg
今年、誰もが予想しなかったほどの成長を見せた相澤選手。ガンバサポーターの熱狂的な大歓声を背にしても、終始落ち着いてゴールを守り続けました。たとえゴールを許しても、次の瞬間には立ち上がり、戦い続ける姿は正に「等々力の守護神」。

1203q.jpg
63分、相馬選手に代わり、森選手がピッチへ。勝ちにいくという姿勢を打ち出します。

1203r.jpg
あと1点を奪いに、マルクス選手の表情にも、怖いほどの気迫が。

1203s.jpg
その後、PKで1点を失っても、決してあきらめずに走り続けた中村選手。最後の最後まで、執念を燃やし続けました。

1203t.jpg
しかし、ロスタイムに4点目となるゴールを奪われ、万事休す。試合終了のホイッスルと共に、ガンバサポーターの喜びの雄叫びが等々力に響き渡りました。

1203u.jpg
有終の美を飾れず、肩を落とす選手達。
PKを献上してしまった森選手はピッチに倒れ込み、周囲の選手が手を貸しても立ち上がることが出来ず。その様子を見た箕輪選手は、黙って隣に腰を下ろし、静かに大歓声を聞いていました。 

1203v.jpg
選手達が引き上げ、最後にようやく森選手がピッチを後にすると、そこには相馬選手の姿が。

1203w.jpg
誇らしげに、優勝旗をサポーターに掲げる宮本選手。

1203x.jpg
その様子を見ようと、姿を現した二人。悔しい風景を、目に焼き付けているのでしょうか・・・


等々力で他チームの優勝を許してしまったことは、苦い経験となりましたが、フロンターレにはそれを「糧」として、前に向かっていくだけの強さがあるはず。
今日の悔しさを決して忘れず、更なる上を目指していきましょう!


試合後の様子は、明日またアップします・・・
J1第34節(対ガンバ大阪)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇和樹、ジュニーニョ
MF:マルクス、相馬直樹、アウグスト、谷口博之、中村憲剛
DF:箕輪義信、伊藤宏樹、寺田周平
GK:相澤貴志

さあ、今日はいよいよ今季J1最終戦。ホームでのガンバ大阪戦です。
我らがフロンターレは現在6位。賞金圏内をキープするためにも、そして、引退するアウグスト、相馬、久野選手のためにも、今季で契約が満了する選手達のためにも、是が非でも勝ちたいゲームです。

そして、ガンバ大阪にとっては優勝のかかった試合。当然、ガンバ大阪も全力でこの試合に臨むことは間違いありません。

フロンターレとしては、中盤からのボール奪取とカウンターからの得点が、この試合の成否を分けるカギになりそうです。

今節のチケットは完売。今日のスタンドは超満員が予想されています。是非、我々の精一杯の声援で、選手達をサポートしたいと思います。

スコア予想は、3-1で川崎の勝利とします。選手、スタッフ、サポーター全員の思いを乗せて・・・今日は勝ちましょう!!
寂しい日
毎年毎年、この日が来るのが辛くて仕方ありません。

契約社会の中で成立しているプロスポーツなのだから、これは当然のことなのかもしれませんが、やっぱり、一人一人の選手を心から大切に思う、ひとりのサポーターとして、身を切られるような痛みを感じます。

引退を表明したベティ。
今まで、本当にありがとうございました。
出来ることなら、どうかこれからも、フロンターレの近くにいて下さい。
絶対に、大切な人です。

そしてアウグスト。
ブラジルに帰っても、フロンターレを、忘れないでいて下さい。
たくさんの、喜びをありがとう。

契約満了となる選手たち、ひとりひとりに、大切な思い出があります。

まずは週末のG大阪戦に向けて、そして来期に向けて、しっかりと前を向いて、顔を上げて行かなくてはなりませんが、今夜だけは、やっぱり少し、寂しいです。

明日には、元気にならなくては。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。