等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【J1第9節】○川崎フロンターレ-ジェフユナイテッド千葉(1-0)
FW:ジュニーニョ、黒津勝→佐原秀樹
MF:マルクス→相馬直樹、アウグスト、長橋康弘、中村憲剛、谷口博之
DF:伊藤宏樹、鄭 容臺、箕輪義信
GK:吉原慎也

【得点者】
長橋康弘(61分)

難敵相手に価値ある連勝で4位浮上です!!

前半から一進一退の攻防となったこの試合。Fマリノス戦では相手にボールを支配される中での数少ないチャンスを生かしての2点でしたが、今節はボールの支配という意味でも互角の展開になります。両チームとも守備の意識を高く持って試合に臨んでいるせいか、なかなか決定的なチャンスを作り出すことが出来ません。結局、前半は0-0で折り返すことになります。

後半にはいると、徐々にジェフがリスクを冒して攻撃を仕掛け、決定的なチャンスを作り始めます。しかし、そんな中で先制点をあげたのはフロンターレ。ジェフの決定的なシュートを吉原選手がはじき、鄭容臺選手からのフィードはラインを割らずにそのまま黒津選手へ!!黒津選手からアウグスト選手にボールが渡り、ラストパスは右サイドを駆け上がった長橋選手に。難しい角度でしたが、狙い澄ましたグラウンダーのシュートがゴール左隅に突き刺さり、1-0と先制します!!あっという間の先制劇でした。

その後、相手の選手交代に合わせてフロンターレ側も後半36分に佐原選手、後半41分には相馬選手を投入し、逃げ切り体制。「この時間から守りに入って大丈夫?」とも思いましたが、見事な逃げ切り勝利を見せてくれました。

これでチームは4勝2分3敗。団子状態とはいうものの、勝ち点14で堂々の4位です。ここ2試合に関しては粘り強い守備が光っており、こうなると攻撃面でも勢いがついてきそうです。GW連戦もあと二試合。厳しい戦いが続きますが、連勝を続けて欲しいものです!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。