等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【J1第8節】○川崎フロンターレ-横浜Fマリノス(2-1)
FW:ジュニーニョ、黒津勝→相馬直樹
MF:マルクス、アウグスト、長橋康弘、中村憲剛→佐原秀樹、谷口博之
DF:伊藤宏樹、鄭 容臺、箕輪義信
GK:吉原慎也

【得点者】
マルクス(28分)
黒津 勝(49分)

「内容より結果」が求められたこの試合。見事に勝ち点3という結果を残すことが出来ました。昨年のJ2王者であるフロンターレは、昨年のJ1覇者の横浜Fマリノスに対して、非常に泥臭い試合運びではありましたけれども、結果は最高の形で出してくれたと思います。

試合は立ち上がりからマリノスがボールを支配する展開。良いミドルシュートを打たれるなど、「やはりJ1の覇者は強くて早い」印象でした。

ところが、先制点を奪ったのはフロンターレ。前半28分、中村憲剛選手からのロングボールが黒津選手に渡り、そのボールを長橋選手に渡すと、右サイドからのピンポイントクロスにマルクス選手が頭で合わせ、豪快なダイビングヘッドによるゴール!!1-0と先制します。

その後もボールを支配するのはマリノスサイドですが、DF陣も集中を切らさず、粘り強い守備を見せてくれます。結局、前半は1-0で折り返すこととなりました。

後半は、「最初の10~15分、集中していこう」という関塚監督のハーフタイムコメントにもあるように、「次の1点」が大きな鍵を握っていました。ここでもしマリノスに入れられていれば、試合展開は全く違うものになったでしょう。

しかし、この日のフロンターレは勝負強かった。後半4分、ジュニーニョ選手からもらったボールを、アウグスト選手が左サイドからクロスを上げます。高いマリノスのDFラインを見越して裏に走ったのは黒津選手。難しい角度でしたが、きっちり頭で押し込んで2-0!!黒津選手は二試合連続ゴールとなりました。

その後も黒津選手は決定的なシュートを放つなど、大活躍。しかし、後半22分には負傷のため相馬選手と交代。状態はちょっと気になるところですが、試合後のインタビューにも普通に答えていたようですし、軽傷なのではないでしょうか。次節も期待したいところです。

試合の方は、その後マリノスに押し込まれる展開が続き、後半27分にはセットプレーから失点を喫してしまいます(2-1)。しかし、その後は攻められながらもしっかりと守り、2-1で試合終了!!嬉しい勝利となりました。

今節から大黒柱のジュニーニョ選手が戻ってきましたが、やはりその存在感、安定感は群を抜いていますね。チーム全体が安定した形で試合を進めていけたのは、やはりジュニーニョ選手のおかげだと思います。

そして、DF陣も粘り強く戦いました。相手選手に対して激しくチェックに行ったことで、良いボールを出させなかったと思います。

次節は、GW第二戦のジェフ千葉戦です。強豪との試合が続きますが、我らがフロンターレの活躍を期待しましょう!!
スポンサーサイト
横浜Fマリノス戦 写真
勝ちました!

試合開始直後、望遠レンズ越しに見た選手達の顔つきが、いつもと違うように感じられました。「絶対に勝つ!」という気合いが、ひとりひとりの全身から漲っているようでした。

写真はクリックしてどうぞ。


IMG_5577s.jpg
横浜の攻撃陣をいかに抑えるか。頼りのキャプテン・伊藤選手。


IMG_5605s.jpg
立ち上がりから、非常にスピードの速さを感じる展開となりました。


IMG_5591s.jpg
果敢な飛び出しが持ち味の吉原選手。今節はいつもにも増してファインセーブ連発となりました。


IMG_5596s.jpg
前半29分、マルクス選手のゴール! 躍り上がって喜ぶ2人。


IMG_5618s.jpg
前節の教訓からか、ゴールを決めた直後も集中力は切らしません。


IMG_5621s.jpg
復活したジュニーニョ選手。彼がボールを持つ度、スタジアムが震えるほどの歓声が響き渡りました。

IMG_5623s.jpg
ジュニーニョ選手のスピードに、たまらずファールで止めてくるシーンも・・・

IMG_5646s.jpg
見事なクロスで1点目を演出した長橋選手。


IMG_5656s.jpg
スタメン定着の谷口選手。若さ溢れる力強いプレーを披露。

IMG_5664s.jpg
惜しくも外れましが、技ありのボレーシュートを見せてくれた中村選手。王者・マリノス相手でも全く負けていません。


IMG_5657s.jpg
終盤、攻められる展開が続きますが、「守りきる!」という強い意志が選手達からヒシヒシと伝わってきます。


IMG_5683s.jpg
負傷退場の黒津選手に替わって相馬選手。厳しい戦いの中、ベテランの経験値がものを言います。


IMG_5695s.jpg
そして4分のロスタイムを見事制して、終了のホイッスル! 昨年のチャンピオンチームに勝利しました!


IMG_5701s.jpg
本当に本当に嬉しい勝ち点3。
しかし、まだまだ強敵のとの戦いは続きます。気合いを入れていきましょう!
J1第8節(対横浜Fマリノス)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:黒津勝、ジュニーニョ
MF:マルクス、長橋康弘、谷口博之、中村憲剛、アウグスト
DF:箕輪義信、鄭容臺、伊藤宏樹
GK:吉原慎也

明日は平日開催、横浜Fマリノス戦です。怪我人の多いこの状況とは言え、現在2連敗中のフロンターレ。明日はホームの意地をみせて、なんとか食い下がっていきたいところです。

今節から、どうやらジュニーニョ選手が戻ってくるようですので、まずは一安心というところでしょうか。これで攻撃面での結果が出てくれれば、ポイントになるのは安定した守備ということになりそうです。DFには、前節に引き続き鄭容臺選手のスタメンを予想しましたが、DFラインの3選手の連携が鍵になるのではないでしょうか。

対するマリノスは、言わずと知れた昨年のJ1チャンピオンチーム。ACLを含めた厳しい日程を戦っている状況の中、現在4位につけています。前節は大宮アルディージャに1-2と破れていますが、その分モチベーション高く等々力に乗り込んで来るに違いありません。安貞桓選手は出場が微妙のようですが、選手層の厚いマリノスですから、いずれにしても厳しい相手ですね。

平日開催ということで、サポーターにとってはなかなか厳しいところですが、是非等々力競技場に駆けつけましょう!

スコア予想は、(希望的観測も含め)2-1で川崎勝利としたいと思います。
我那覇選手
公式ページに、思ってたよりずっと元気そうな我那覇選手の様子がアップされました。

全治4ヶ月の大怪我ですから、まだ入院治療中なのかな・・・と考えていたので、プロテクターを付けてはいても、無事歩いているのというのは本当に嬉しい情報です。

「我那覇」という姓は、沖縄では“職場にたいてい2~3人はいる”というくらいありふれているらしいのですが(だからフロンターレサポが沖縄に行って「我那覇」の表札に感激して記念写真を撮るのは、かなり不審。(^^;) )、川崎では非常に珍しいため覚えやすいらしく、フロンターレのサポーターでない人でも「沖縄出身のすごい選手がいるんだってね。」なんてことを言ってくれることがあります。最初に名前を覚えた選手は彼だという人も、多いのではないでしょうか。

高校卒業以来、ずっと川崎でプレーを続けて、川崎の皆に愛されている我那覇選手。時間がかかっても「なんくるないさー」の精神で、しっかり怪我を治して、また元気な姿を見せて欲しいと思います。
【J1第7節】サンフレッチェ広島-川崎フロンターレ●(2-1)
FW:フッキ→相馬直樹、黒津勝、
MF:マルクス、アウグスト、長橋康弘、中村憲剛、谷口博之→飯尾一慶
DF:伊藤宏樹、鄭 容臺→久野智昭、箕輪義信
GK:吉原慎也

残念ながら2連敗です。
広島へ観戦に行くことが出来ず、TV中継もなかったので、インターネットで得点の動きだけを追っていました。同点ゴールが決まったときは「これでいける!」と拳を振り上げたのですが・・・

立ち上がりの失点は、吉原選手のファールでPKを取られたもの。スポーツニュースの映像を見る限りでは、これはもう仕方なかったかという気もします。敗戦の原因はこの失点ではなく、その後のチーム全体の動きにあるのではないでしょうか。やはり前節同様、ジュニーニョ選手の抜けた穴を埋められないまま、敵の戦術に見事にやられてしまった様子です。後半に入り、黒津選手の同点ゴールからリズムが作れたら良かったのでしょうが、直後のファーストプレーで失点してしまったのでは、精神的にも相当厳しいものがあっただろうと思われます。怪我人多数のこの時期だからこそ、しっかりと勝って自信をつけたかったのですが、悔しい結果となりました。残念です。

・・・しかし、まだまだ戦いは始まったばかりです!

次節からマリノス戦・ジェフ戦と、ホームに強敵を迎えての2連戦。ここからが、いよいよ我らサポーターの力の発揮しどころです。選手達も「ホームで仕切り直して再スタートだ!」と考えていると思われます。1度や2度の敗戦で気弱になることなく、しっかりと前を向いて応援を続けていきましょう!


J1第7節(対サンフレッチェ広島)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:飯尾一慶、ジュニーニョ
MF:マルクス、長橋康弘、谷口博之、中村憲剛、アウグスト
DF:箕輪義信、伊藤宏樹、佐原秀樹
GK:吉原慎也

怪我人の続く苦しい状況の中、明日はアウェイでのサンフレッチェ広島戦です。まさに「逆境」ですが、2003年J2での最終戦を戦った広島が相手となれば、是非勝ち点3を奪い取りたいところです。

フロンターレのスタメンですが、どうやらジュニーニョ選手の復帰がありそうです。H.Nishikawaさんの「フットボールの是非」において、昨日(木曜日)の練習の様子がでていますが、紅白戦で2得点をあげており、好調のようです。怪我の状態は気になりますが、出場と言うことであれば、万全の態勢であるということでしょう。期待したいと思います。

もう一人のFWとしては、飯尾選手を挙げてみました。ポスト的な動きも得意で、スピードがある飯尾選手をスタメン、黒津選手がサブにはいるという形になるのではないでしょうか。もちろん、黒津選手がスタメンという可能性も充分にあるわけですが...

寺田選手が抜けたDF陣の一角には、佐原選手が入ることになるのだと思います。

さて、対するサンフレッチェ広島。現在のところリーグ戦では2勝3分1敗と、勝ち点9で5位につけています。ここ2試合は、アウェイでのヴェルディ戦に1-4で勝利、神戸にはホームで2-0で勝ち、2連勝中と波に乗っています。この相手2チームはフロンターレの連勝時の相手でもあり、何となく戦績に類似性がありそうです。

戦力的にも非常に近いものがある両チーム。接戦になる可能性が高そうです。フロンターレとしては、ジュニーニョ選手が戻ってくるこの試合で是非とも勝っておきたいところです。

スコア予想は、1-2で川崎が接戦をものにする、としておきます。
今日の「フロンターレ日記」
本日更新されたオフィシャルサイトの「フロンターレ日記」に、キンちゃんこと今野選手の情報が載りました。

今野選手だけでなく、他にも気合いの入った選手が沢山いるぞ!という実に頼もしい内容ですが、やはり、この選手が復活してきてくれるというのは、格段に嬉しいことのような気がします。

試合開始前、アップの時などに他の選手の中に紛れていると「やっぱり小柄だよね・・・」という気がしてしまうのですが、いざ戦いが始まると、他のどの選手より献身的にピッチ上を走り回り、体格の差なんてものを見事に忘れさせてくれるベテラン選手です。毎シーズン見事な活躍を見せてくれながら、なぜか毎シーズン最初は姿が見えない・・・という不思議な選手でもありますが(今シーズンの抱負も“試合に出る”ですしね (^^;))出場すれば頼りになる男。サポーターも、こういう選手が後ろに控えていたのだと思い出せば、主力選手怪我のショックも和らぐのではないでしょうか。

「怪我人続出で大ピンチじゃないかっ!」と、フロンターレ神社に不信の目を向けるのはそろそろやめにして、今野選手をはじめ“出番のために牙を研ぐ獅子達”の活躍を期待しましょう!
名古屋戦・写真 おまけ
PICT0021s.jpg

PICT0023s.jpg


名古屋戦でのサイン会は相沢選手と西山選手。
「サポーターがラーメンを食べているすぐ後ろで、私服の選手がサイン会をする」という素朴なスタイルは、J1に入っても変わらず。
元祖丸刈りの西山選手もやはり帽子姿での登場でした。帽子がないとちょっと怖い・・・からですかね。
【J1第6節】●川崎フロンターレ-名古屋グランパス(0-2)
FW:フッキ→黒津 勝、我那覇和樹
MF:マルクス、アウグスト、長橋康弘、中村憲剛、谷口博之→ 相馬 直樹
DF:伊藤宏樹、寺田周平→佐原 秀樹、箕輪義信
GK:吉原 慎也

主力のジュニーニョ選手を怪我で欠き、若手のフッキ選手を初起用しての名古屋戦。残念な結果となってしまいました。
「パスを受けたらまずジュニーニョ選手の位置を確認する」という、いままでのスタイルが仇となってしまったのか、選手達の動きにどこかちぐはぐした面が見られました。中盤で思うようにボールをキープすることが出来ず、カウンターでゴールを狙っても、なかなかフィニッシュまで持ち込むことが出来ません。

前半42分に決められてしまったフリーキック。あれがJ1というものの怖さだったように思えます。去年までなら、あの位置から直接ゴールネットを揺らすことが出来るのは、我がアウグスト・マルクス両選手くらいだったと思うのですが・・・

後半に入り、痛恨の2点目を奪われた後も、選手もサポーターも最後まであきらめることなく必死の戦いを続けましたが、とうとう勝ち点を挙げることは出来ませんでした。日本代表・楢崎選手の守るゴールにボールが突き刺さる瞬間を見たかったのですが、残念です。

試合終了後、ジュニーニョ選手に続き我那覇・寺田選手も負傷したとの情報が入ってきました。攻守の要を欠いた状態で強敵との対戦が続くことになりますが、ここが踏ん張りどころです! 今まであまり出場機会のなかった若手選手には絶好のチャンス、ベテラン選手は今までの経験が試される場として、今まで以上に奮起してもらいたいと思います。
名古屋戦・写真
楽に勝てるとは思っていませんでしたが・・・やはり悔しい名古屋グランパスエイト戦の写真です。クリックすると大きくなります。


IMG_5420s.jpg
攻撃の要・ジュニーニョ選手を欠いた中で、いよいよキックオフ。「攻め」に不安が残る以上、いつも以上に「守り」に期待がかかります。


IMG_5406s.jpg
前回のホーム戦では華麗なゴールを披露したアウグスト選手。厳しい戦いの続くJ1では、彼のテクニックが命綱ともなります。


IMG_5428s.jpg
しかし、なかなか中盤でポールをキープできず、奪っては奪い返される展開に。


IMG_5433s.jpg
U-20日本代表候補・トレーニングキャンプに追加召集されることが決まった谷口選手。今日も力強いプレーを見せてくれます。



IMG_5436s.jpg
J2ではあまり感じなかった「当たりの激しさ」を、随所で目にする試合展開となりました。


IMG_5447s.jpg
前半終了間際、寺田選手が倒され、足を痛めた様子。この時は、すぐに立ち上がることが出来たのですが・・・


IMG_5453s.jpg
0-0で前半終了かと思われた42分、嫌な位置でのフリーキック。サポーターからは「ここが踏ん張りどころだ!」の声が。


IMG_5454s.jpg
しかし、無情にもボールは吉原選手の手を擦り抜け、痛恨の1失点。このまま前半終了となりました。


IMG_5466s.jpg
後半開始。
初出場でプレッシャーのかかるフッキ選手を、箕輪選手が抱きしめるようにして励ましている姿が見られました。


IMG_5486s.jpg
ホームでの勝利目指して必死に走る選手達。しかし、なかなかフィニッシュまで持ち込むことが出来ません。


IMG_5506s.jpg
強い日差しにピッチの温度も上昇し、選手達はわずかな時間を見つけては水分を補給します。


IMG_5493s.jpg
ジュニーニョ選手の代わりを期待されるフッキ選手。まだ不慣れな様子は見せつつも、必死にボールに食らいつきます。


IMG_5517s.jpg
2点目を奪われてさらに苦しい展開になった直後、我那覇選手がゴール前で負傷。フロンターレは10人で残り試合を戦うことに。


IMG_5521s.jpg
結局0-2で試合終了。残念な結果となりましたが、この戦いが次節への糧となることを祈って、これからのフロンターレに期待!です。
J1第6節(対名古屋グランパス)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇和樹、フッキ(黒津勝?)
MF:マルクス、長橋康弘、谷口博之、中村憲剛、アウグスト
DF:箕輪義信、寺田周平、伊藤宏樹
GK:吉原慎也

さあ、明日は等々力で名古屋グランパスエイト戦です!名古屋は現在2勝2分1敗で勝ち点8。現在勝ち点ではフロンターレと並んでおり、上位を伺っていくためにはお互い落とせない試合。白熱した好ゲームが期待できそうです。

フロンターレ側のスタメンですが、現在J1得点王のジュニーニョ選手が右足ハムストリング損傷のため欠場。代わりにフッキ選手が出場するのではないかという情報が神奈川新聞に掲載されています。但し、先日のジュニーニョ選手に替わって入った黒津選手がスタメンの可能性もあり、両にらみでの予想にさせて頂きました。ジュニーニョ選手を欠くのは確かに痛いですが、これまで控えだった選手のアピールに期待したいと思います。

なお、神奈川新聞の写真を見ると、先日の神戸戦におけるラフプレーで負傷退場した箕輪選手がいつもと変わらない様子で(中央やや右寄りの位置に)写っていますので、出場は問題ないと思われます。さすが「鉄人ミノ」ですね。

対する名古屋グランパスエイトは、前節、首位のFC東京と対戦し、ホームで1-0の勝利。おそらく波に乗って等々力にやってくるものと思います。中日スポーツの情報によれば、3バックを採用してくるとのこと。フロンターレにとっては、いかにサイド攻撃を生かすかが鍵になるのかも知れません。

名古屋は強豪ですし、厳しい試合になるとは思いますが、ホームで再び攻撃力を爆発させ、快勝!!といきたいところです。

スコア予想は、3-1で川崎勝利します。
【J1第5節】ヴィッセル神戸-川崎フロンターレ○(1-6)
FW:ジュニーニョ→黒津勝、我那覇和樹
MF:マルクス、アウグスト、長橋康弘、中村憲剛、谷口博之
DF:伊藤宏樹、寺田周平、箕輪義信→佐原秀樹
GK:吉原慎也

【得点者】
ジュニーニョ(23分)
谷口博之(48分)
我那覇和樹(51分)
黒津勝(66分)
オウンゴール(76分)
マルクス(79分)

歓喜の初勝利の興奮から醒めやらぬ中、「まさかの大勝」となりました。

残念ながら今節は観戦できませんでしたので、詳しい状況は分かりませんが、選手達は先日初勝利を挙げたことで、落ち着いて試合に臨んだようです。

先制点はジュニーニョ選手。我那覇選手からのスルーパスを受けてのゴールを決めてくれました。この先制点で流れに乗ったかと思いきや、直後にジュニーニョ選手が負傷退場。太股のけがのようですが、大事に至らなければ良いですね。

前半を0-1で折り返した後はフロンターレの独壇場だったようです。マルクス選手からのFKを谷口選手が合わせて2点目。そして、我那覇選手の久し振りのゴールで3点目。4点目はジュニーニョ選手の交代で入った黒津選手が決め、5点目は開いてDFのバックパスがそのままゴールに入ってオウンゴールでした。そして、6点目は今日大活躍だったマルクス選手のロングシュート。フロンターレのオールスター揃い踏みという感じですね。

心配なのは、主力選手のけが。前半のジュニーニョ選手に続き、後半35分に相手選手のラフプレーを受けた箕輪選手も負傷退場とのこと。それほど大したことはないのでは、という情報もありますので、大丈夫だと思いますが...

今節に関しては、残念ながらスポーツニュース等ではほとんど映像が流れませんでしたが、今日はファイフロの日です。きっと、しっかり映像を流してくれると思いますので、楽しみです!!
J1第5節(対ヴィッセル神戸)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇和樹、ジュニーニョ
MF:マルクス、長橋康弘、谷口博之、中村憲剛、アウグスト
DF:箕輪義信、寺田周平、伊藤宏樹
GK:吉原慎也

歓喜の初勝利から4日。今日は、アウェイでの神戸戦です。基本的に、スタメンは先日のヴェルディ戦と同様の布陣で臨むのではないかと予想します。先日の勢いを生かし、連勝といきたいところです!!

神戸とは、昨年の天皇杯で対戦し、3-2でフロンターレが勝利を収めています。しかし、試合展開はフロンターレが前半2点を先行するものの、後半追いつかれて最後はジュニーニョ選手のゴールで勝ち越したというもの。J1の厳しさを思い知らされた試合でもありました。

現在神戸は、勝ち点でフロンターレと並び、8位につけています。三浦(淳)選手が前節退場となっており、攻撃のオプションという意味では若干苦しいところかもしれません。フロンターレとしては多少有利な状況、と言えるでしょうか。

しかし、お互いここで波に乗りたいところ。好試合が期待できるのではないでしょうか。

スコア予想は、1-2で川崎勝利としたいと思います。
【J1第4節】○川崎フロンターレ-東京ヴェルディ(1-0)
FW:ジュニーニョ、我那覇和樹→久野智昭
MF:マルクス、アウグスト、長橋康弘、中村憲剛、谷口博之→佐原秀樹
DF:伊藤宏樹、寺田周平、箕輪義信
GK:吉原 慎也

【得点者】
アウグスト(70分)

等々力競技場に、満開の桜が咲き揃いました!!
東京ヴェルディ戦、待望の初勝利です!!

この日は、先日の試合を反映して、両チームとも守備的な試合運びとなりました。そんな中、前半ペースをつかんだのは東京ヴェルディ。ロングボールをワシントンにつなぎ、チャンスを作りますが、フロンターレも堅い守備で守ります。フロンターレは、守備面では安定しているものの、なかなか攻撃につなげることができず、結局シュート0本で前半を終えます。

後半に入ると、徐々にフロンターレがリズムをつかみ始めますが、試合は膠着状態。そんな中、後半25分、ジュニーニョ選手が受けたボールをキープし、シンプルに左サイドのアウグスト選手に。アウグスト選手はスピードに乗ってそのままドリブル、そして角度のないところから左足を振り抜き、これが先制のゴール!!1-0とフロンターレがリードします。

その後、我那覇選手から久野選手に交代。一層の守備の安定を図ります。また、この日献身的に走り回った谷口選手も、後半35分に佐原選手と交代。いよいよ、逃げ切り体制に入ります。

そんな中、残りのロスタイムは3分。サポーターの祈りを込めた応援が続きます。選手たちは、コーナーで時間を使うなど、必死の試合運び。たったの3分なのですが、非常に長く感じられます。

まだ終わらないのか...そう思ったサポーターも多かったでしょう。しかし、歓喜の瞬間は確かにやってきました!!主審のホイッスルが鳴り、試合終了と同時に、等々力競技場は歓声に包まれました。みんなが長い間待ち続けた初勝利。

今日の試合では、守備的に臨んだこともあって、普段のような爆発的な攻撃力は見られませんでしたが、「最初の1歩」である勝ち点3を得ることができたことが、なんといっても最大の収穫だったと思います。

試合終了後の等々力競技場には、いつまでもサポーターの歌声が響いていました。
ヴェルディ戦 写真
ヴェルディ戦の写真です。歓喜の観戦記は後ほど・・・
写真をクリックしてどうぞ。

IMG_5221s.jpg
神頼みも完了し、いよいよ初勝利を目指します。

IMG_5223s.jpg
復活したわれらが守護神吉原選手。アップに登場すると大歓声が響きました。

IMG_5238s.jpg
さあいよいよキックオフ。

IMG_5243s.jpg
「自身のゴールより勝利を」と語っていたジュニーニョ選手。勝ち点3をもぎ取るために走ります。

IMG_5260s.jpg
キャプテン伊藤選手。浦上選手とまったり話していたときとは別人の表情です。

IMG_5272s.jpg
ここ数試合で課題の見えてきた中盤。谷口選手を入れて新たな形を作ります。

IMG_5282s.jpg
今日は1点も入れさせないと、ディフェンス陣にも気迫が漲ります。

IMG_5287s.jpg
吉原選手。気合の入ったセービング。

IMG_5292s.jpg
初スタメンの谷口選手も、攻守に渡ってチームに貢献すべく、走り回ります。

IMG_5297s.jpg
どうしても緊張感が漂うサポーターを、ハーフタイムにピーカブーくんが和ませます。

IMG_5307s.jpg
我那覇選手。今日はゴールなりませんでしたが...

IMG_5340s.jpg
アウグスト選手が値千金のゴール!!等々力が歓喜に包まれました。

IMG_5364s.jpg
最後までしっかり守りきって、J1初勝利!!選手も皆嬉しそうです。

IMG_5382s.jpg
箕輪選手のこの表情!!

IMG_5386s.jpg
ここまで、本当に長い道のりでしたが、初勝利できて、本当によかったですね。これで、波に乗っていけるのではないでしょうか...!!
J1第4節(対東京ヴェルディ)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇和樹、ジュニーニョ
MF:マルクス、長橋康弘、相馬直樹(久野智昭?)、中村憲剛、アウグスト
DF:箕輪義信(谷口博之?)、寺田周平、伊藤宏樹
GK:下川誠吾

明日はJ1第4節。ホームでの対東京ヴェルディ戦になります。
前節、アウェイで痛恨の初黒星を喫したフロンターレ。今節はどんな戦いを見せてくれるのでしょうか。前回のナビスコカップでの対戦では、前半0-4とリードしながらも後半4点を入れられるという後味の悪い試合でしたが、今節はすっきりと勝って初白星といきたいところです!!

スタメン予想は、若干前節と変えています。相馬選手は、前節交代以後の活躍を見ての予想です。90分動けるコンディションであればスタメン復帰もあり得るのではないかと見ています。

それから、谷口選手がスタメンとの一部情報もあるようです。そうなると箕輪選手に替わって、ということになるのかも知れません。箕輪選手の高さ、強さも捨てがたいものがありますので、迷うところではありますが...。システム変更も含め、今節のスターティングメンバーにも注目したいところです。

対する東京ヴェルディは、リーグ戦では1勝2分、カップ戦では1勝1分という戦績。ワシントンのフィジカルの強さも驚異的ですが、パスをつなぎながら崩してくる攻撃も脅威です。また、ヴェルディのサイド攻撃をどのようにフロンターレが抑えていくかも見所の一つだと思います。

フロンターレとしては、ヴェルディの攻撃を抑えつつ、逆にサイドを突いた攻撃を仕掛けていきたいものです。ジュニーニョ選手の中央ドリブル突破一辺倒ではない攻撃と、安定した守備を見せられれば勝機は十分にあるでしょう。終盤押されたときの時間の使い方、しのぎ方についても、そろそろ何とかしたいところです。

スコア予想ですが、3-1で川崎勝利としたいと思います。なんとしても初勝利を掴み、その後は等々力緑地で夜桜見物といきたいですね!!
フロンターレ神社 追記
オフィシャルページで、移転の写真がアップされましたね。

ちゃんと神主さんを呼んで正式な儀式をするのには感心しましが・・・なぜバナナ? 「おそなえ」って、あんな大量のバナナを使うものでしたっけ・・・ 武蔵小杉駅前のイトーヨーカドーで本日「台湾産バナナ100グラム38円」の特売をしていましたが、何か関係があるのでしょうか。

それにしても、これで見事ヴェルディを打ち破ることが出来たら、フロンターレ神社の信奉者が激増すること間違いなし!ですね。
フロンターレ神社移転
そこまでするか。
という気もしますが、そこまでしたくなるのも確かですよね・・・
ただ、去年はずっと,あの位置に神社があっても勝ちつづけていたわけで、いきなり今年になって「神社の設置位置が西向きだからロスタイムに失点するのだ!」と言われても、ホンマかいなという感じはしますが(^^;

まあでも実際、何かに取り付かれているとしか思えないここ数試合。関係者はそれだけ必死だということでしょう。我々サポーターだって勝ち点3を得るためなら、お払いでも祈祷でも四国八十八カ所霊場お遍路巡りでも、何でもやってやろうじゃないかという気持ちになってるのは確かです。これをひとつのきっかけにして、JIにフロンターレ旋風が起こるのを期待しましょう!
等々力の桜
PICT0020s.jpg

↑本日16時頃の等々力で撮りました。

春になると、サッカーだけでなく桜も楽しめる等々力競技場。

今日(4月5日)現在の桜は、樹にもよりますが3~5分咲きといったところでした。土曜日は暖かい晴れた日となりそうですし、絶好のお花見日和になりそうですね。ヴェルディ戦が始まるのは19時からですが、時間に余裕のある方は早めに来て、のんびり桜を愛でるのも良いかもしれません。
 
見事なJ1初勝利を祝って、そのまま狂喜乱舞の花見宴会に突入!という手もありますが・・・
【J1第3節】ガンバ大阪-川崎フロンターレ●(3-2)
FW:ジュニーニョ、我那覇和樹
MF:マルクス、アウグスト、長橋康弘→飯尾一慶、中村憲剛、久野智昭→相馬直樹
DF:伊藤宏樹、寺田周平、箕輪義信
GK:下川誠吾

【得点者】
ジュニーニョ(56分)
アウグスト(89分)

残念な結果になってしまいました。アウェイでのガンバ大阪戦は、リーグ戦、カップ戦を通しての初黒星。

前半、フロンターレは早々に失点を喫してしまいます。前半6分、二本代表から戻ってきた大黒選手に右から決められ、1-0。その後も、ガンバの選手のパス交換、ポジションチェンジについていけない場面が目立ちます。攻撃面でも、攻守の切り替えが遅く、前線へのボールがつながらない、厳しい展開。何とか1失点のまま前半を折り返すものの、関塚監督が語っていたように「体が重い」印象でした。

後半開始からはフロンターレが一時ペースを掴みます。そんな中、マルクス選手のCKをジュニーニョ選手が押し込んで、1-1!同点に追いつきます。その後、相馬選手を投入し、左サイドからチャンスを作り、逆転を狙います。

しかし、後半23分。大黒選手にフリーでミドルシュートを決められ、2-1と再びビハインドを背負ってしまいます。フロンターレは長橋選手にかわって飯尾選手を送り込み、攻撃を続けますが、なかなか決定機を作り出すことが出来ません。

敗色濃厚かと思われた後半ロスタイム。フロンターレは相手陣内でFKのチャンスを得ます。キッカーはマルクス選手。ゴール前混戦の中、こぼれたボールをアウグスト選手が体で押し込み、2-2の同点!!フロンターレが粘りを見せます。

このプレーで試合終了かと思われたのですが、審判はまだロスタイムを見ていました。そんな中、ガンバ大阪のサイド突破をゴールライン際で止めようとしたマルクス選手にファウルの判定。ここをしのぎきれば...というところでしたが、相手FKをヘッドで合わされ、3-2となり、その時点で試合終了。残念な試合になってしまいました。

終了間際に同点に追いついた直後の失点、そして敗戦。終了間際の失点が止まらないという意味でも悔しい結果です。しかしながら、今節のフロンターレは全体的に目指すような動きが出来ていなかったと思います。中盤ではパスミスも目立ち、前線とのコンビネーションもなかなかうまくいっていませんでした。それだけガンバ大阪がうまくフロンターレのサッカーを封じていたとも言えますが...

次節は、ホームでの東京ヴェルディ戦になります。今回のガンバ大阪のように、ヴェルディも前回の対戦を元に修正してくるはずです。厳しい戦いになりそうですが、是非ホームでの今季初勝利を期待したいと思います!!
J1第3節(対ガンバ大阪)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇和樹、ジュニーニョ
MF:マルクス、長橋康弘、久野智昭、中村憲剛、アウグスト
DF:箕輪義信、寺田周平、伊藤宏樹
GK:下川誠吾

今週末からJ1リーグ戦が再開されます。明日は先週に引き続き、ガンバ大阪戦となります。

2週続けて同じチームとの対戦ですが、その後にはナビスコで戦った東京ヴェルディ戦。ここ数節続いている嫌な流れを断ち切るためにも、この辺りでそろそろ勝っておきたいところです。

但し、試合の内容としては着実に良くなっていると思います。関塚監督も、「試合内容はパーフェクトだった」と語っていますが、リードしての試合終盤の戦い方さえ確立できれば、結果もついてくるだろうと思います。

ここ数試合のパターンとして、相手が試合最終盤の局面で押し込んできたときに、守備がどうしても下がりすぎてしまうところが失点の原因になっていますから、そこでいかに積極的な守備を見せられるか。やはり、この辺りがポイントになるでしょう。

攻撃面は、ここまでのところ十分な力を発揮してきていると思いますが、一度戦ってある程度慣れてきたチームにどれだけ通用するかが気になるところです。そういう意味では、今節は我那覇選手の働きぶりが得点の鍵になるような気がします。期待しましょう!!

対するガンバ大阪は、前節のメンバーに加えて、代表組が合流してきます。このメンバーに対し、フロンターレの一人一人がどう戦えるのか。この辺りにも注目してみたいと思います。

スコア予想は、先週の借りを返す意味でも、1-2で川崎勝利としたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。