等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
FC東京戦写真 おまけ
IMG_4339s.jpg

並んだピーカブー。 
ちょっと可愛い (*^_^*)
スポンサーサイト
【PSM】FC東京-川崎フロンターレ○(0-1)
FW:ジュニーニョ、我那覇和樹→木村誠
MF:長橋康弘、中村憲剛、久野智昭→山根巌、アウグスト→フッキ、マルクス
DF:箕輪義信、寺田周平、伊藤宏樹
GK:下川誠吾

【得点者】
ジュニーニョ(22分)

「さすがにJ1はプレーが早い」そう感じた立ち上がりでした。激しいプレスから繰り出されるFC東京の攻撃に、フロンターレの選手はやや戸惑っていたようです。

しかし、猛攻をしのぎつつ迎えた前半22分。中村憲剛選手のシュートのこぼれ球をジュニーニョ選手がきっちりと押し込んで先制点を挙げました!!

ここからは、フロンターレらしい戦いぶりを見ることが出来たように思います。アウグスト選手が下がった4バック気味の守備が上手くはまった形となり、FC東京は中盤からのボールの出しどころが無くなってしまった感じです(但し、関塚監督によると、特にこの形は指示により実行されたものではないようです)。

セットプレーを含め、危ないシーンは何度かありましたが、無失点で勝利出来たことは大きな収穫だと思います。特に、ロングボールを放り込まれる場面では、持ち味のDFの高さが生かされ、安定感がありました。

フロンターレとしては、収穫、課題双方が見えたこの試合。PSMとして、有意義だったのではないかと思います。収穫としては、最終ラインや素早い攻撃がJ1でも通用することがある程度見えた点が挙げられるでしょう。一方、課題としては、やはり中盤でボールの支配の仕方、如何に悪い形で奪われないようにするか、という所ではないでしょうか。この辺りをしっかり修正し、シーズン開幕を迎えたいところです。

しかし...先日の練習では元気な姿を見せていた相馬選手、どうしたんでしょう?ちょっと気になりますね...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。