等々力時報 -川崎フロンターレを応援しています
川崎フロンターレを応援しています -ATTRACTIVE!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【第44節】サガン鳥栖-川崎フロンターレ○(0-3)
FW:黒津、町田
MF:マルクス、飛弾、久野
DF:寺田、谷口、箕輪、長橋、木村
GK:下川

【得点者】
マルクス(39分)
飛弾(74分)
黒津(77分)



リーグ戦最終節。有終の美を飾ることが出来ました。
レギュラークラスの選手が次から次へと戦線離脱し、これでどうやって戦うのだろう?と、心配していたのですが、これまでBチームでトレーニングを積んできた選手達が、見事な戦いぶりを見せてくれたようで、嬉しい限りです。選手の層が厚いというのは、来期に向けて大きな自信となりますね。フロンターレの若手選手は、本当に頼もしい存在になってきたと思います。

今節勝利して、勝ち点が勝点105、総得点が104となりました。スポーツニュースや雑誌でこの数字を目にする度、分かってはいても、やはり頬がゆるんでしまいます。来期のことを考えると笑ってばかりもいられないのですが、当分、この数字を思い出すだけで、美味しいお酒が飲めそうです。(^_^)

次は強豪、鹿島との対戦。厳しい戦いになりそうですが、このままの勢いで是非勝利をもぎ取って欲しいものです。




スポンサーサイト
我那覇選手の怪我
ここに来て怪我人続出のフロンターレですが、とうとう我那覇選手が「右ハムストリングス筋損傷」とのことです・・・
全治まで3週間程度を要する見込みとのことですので、天皇杯・鳥栖戦は我那覇選手抜きで戦うことになります。ジュニーニョ選手も帰国していますし、なかなか厳しい戦いになりそうですね。

我那覇選手、甲府戦の時に負傷したとのことですが、試合後のウォーターファイトの時には一見元気そうに見ました。というか、その時、ウォーターファイトに参加していた管理人は我那覇選手の真っ正面に陣取っており、彼がフライングでシャンパンの栓を開けてしまったため、心の準備&デジカメをしまう準備が出来ておらず大変な目に遭いました。が、元気な笑顔が見られて良かった良かったと思っていたのですが・・・  
まさか、あの時はしゃぎすぎて症状が悪化したということは、ないですよね。さすがに。

甲府戦 写真
甲府戦の写真です。
ホームでの試合はこれで最後だと思うと寂しいですね。


20050203112140s.jpg

今年最後のホーム試合とあって、試合開始前から客席は盛り上がりました。いつも以上に気合いの入った歌声が等々力に響き渡り・・・

20050203111434s.jpg

なんと、アバンテのリズムに乗っての行進が始まりました。ピッチ上では、アップをしながら目を丸くしてその様子を眺めている選手も。

20050203111455s.jpg

試合は4-2で見事勝利。本日の「あんたが大賞」は、選手全員にASAタオル1年分が贈られました。

20050203111523s.jpg

これがそのタオル。

20050203111547s.jpg

新潟出身の相澤選手が壇上に上がり、新潟県中越地震復旧支援のチャリティーオークションが行われました。人気選手のグッズが一律3,000円とあって、皆、必死で手を挙げていました。

20050203111614s.jpg

「BLUE AGE ORCHESTRA」による「青春の影」、実に素晴らしい歌声でしたが、ほとんどのサポーターはオーロラビジョンに釘付けとなってしまいました。

20050203111637s.jpg

そしていよいよ、大ウォーターファイトの始まり!まず登場した浦上選手は何故かこの姿・・・

20050203111659s.jpg

しかし不思議な格好をしているのは、彼だけではなかったようで・・・

20050203111722s.jpg

水掛けの前に、まず監督、選手から挨拶。

20050203111744s.jpg

ふろん太君も防水仕様。イルカなんだから、水には強いはずなんですけど・・・

20050203111805s.jpg

やはりこの人が一番目立ち、一番盛り上げてくれました。
【第43節】川崎フロンターレ○-ヴァンフォーレ甲府(4-2)
FW:ジュニーニョ、我那覇→箕輪
MF:マルクス、塩川、匠、木村→長橋、憲剛
DF:寺田、谷口、佐原
GK:下川

【得点者】
マルクス(12分)
ジュニーニョ(39分)
我那覇(70分)
谷口(81分)



とうとう、念願の『勝ち点100』『総得点100』を達成することが出来ました!
ぶっちぎり優勝・史上最速昇格内定に続いて、ダブル100の目標までクリアしてホーム最終試合を終えることが出来るなんて、シーズン開始前は想像することも出来ませんでした。今年は本当に、サポーター冥利に尽きる1年だったと思います。(まだ残ってますが。)

試合は開始早々の12分、マルクスがFKを決めて先制した後、一度は同点に追いつかれましたが、ジュニーニョ選手の見事なシュートで追加点。2-1で前半を折り返し、さらに70分には我那覇選手のゴールが決まって3点目。これで試合は決まった!と思ったのですが、その直後、PKを献上して3-2とされてしまい、少しだけ嫌な雰囲気に。しかし、試合が残り10分を切ったところで、マルクス選手ののCKから谷口選手がヘッドでゴールを決め、見事4-2と勝利を決めてくれました。ホーム最終戦に相応しい、見応えのある試合だったと思います。
次はリーグ最終節となる鳥栖戦です。ベストメンバーが揃わない中でのアウェー勝負で、厳しい戦いになると思われますが、気合いを入れていきましょう!

第43節(対甲府戦)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇、ジュニーニョ
MF:マルクス、長橋、匠、憲剛、塩川
DF:佐原、谷口、周平
GK:下川

さて、今日はホーム最終戦。いい天気に恵まれ、観戦日和になりそうです。

オフィシャルでは、ジュニーニョ選手の契約についてという思わせぶりな告知が出ていますが、一部報道では残留合意とされていますので、心配無く試合に臨めそうです。

対する甲府は、下馬評では昇格候補とされ、事実前半は2位集団の一角を占めていましたが、バロンの移籍後、厳しい戦いが続き、現在の順位は7位となっています。ここ5試合の結果は、1勝4敗という状況です。

一方、川崎フロンターレは、今節久野が出場停止となっていますので、恐らく渡辺匠がスタメンに名を連ねる事になりそうです。試合後には「Good-by J2」セレモニーも予定されており、是非快勝を期待したいと思います。

スコア予想は、3-0で川崎の完封勝利、としたいと思います。
札幌戦 写真
いよいよ、勝ち点100まであと1歩となりました!
札幌戦の写真です。 クリックしてどうぞ。

20050203110401s.jpg

本日のサイン会は、ゴールキーパー吉原選手と、

20050203110341s.jpg

西山選手でした。   本日発売された「マッチデープログラム J1昇格記念号」にサインしてもらっている人の姿も。

20050203110443s.jpg

ハーフタイムには、横浜トヨペット様提供の「フロンターレ応援号」がお披露目。

20050203110424s.jpg

2年間の無償リースだそうです。

20050203110507s.jpg

試合は2-0で見事勝利。勝ち点100まで、あと残り「1」となりました。

20050203110531s.jpg

本日の「あんたが大賞」は、下川選手。「LAWSON おにぎり屋エキサイトマッチ」での賞品は「おにぎり100個」でした。
第42節(対札幌戦)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇、ジュニーニョ
MF:マルクス、飛弾、久野、憲剛、塩川
DF:佐原、谷口、周平
GK:下川(吉原?)

長かったJ2リーグも残すところあと3試合。第42節は札幌戦です。
フロンターレは、天皇杯で神戸を下しましたが、札幌も市原を倒す大金星。勢いに乗っての今節になるのではないでしょうか。

フロンターレは、優勝を決めてから怪我人続出で、厳しい状況が続いています。箕輪、相馬辺りは軽傷のようですから、そろそろ復帰もあり得るかもしれません。天皇杯で出場の無かった吉原の状況も気になるところ。怪我という話は聞いていませんが...

ともあれ、リーグ戦3連敗は是非とも避けたいところ。天気同様、すっきりと快勝といきたいところです。

スコア予想は、3-1で川崎勝利とします。
フロンターレの昇格祝いブルーエイジがあの歌を歌う
こんなニュースがありました。
『フロンターレの昇格祝いブルーエイジがあの歌を歌う』
川崎サポーターは、チューリップの名曲「青春の影」を歌い続け、いつしかこの曲が川崎のテーマ曲となった。ということですけど、そう・・・でしたっけ?
思い出深い曲ではありますが。
23日、甲府戦の入場者数を「1万人」と断定しているのも不思議な気が。
天皇杯第4回戦 川崎フロンターレ○-ヴィッセル神戸(3-2)
FW:ジュニーニョ、我那覇→黒津
MF:マルクス、塩川→飛弾、久野、木村、憲剛
DF:寺田、谷口、佐原
GK:下川

【得点者】
寺田(13分)
我那覇(38分)
ジュニーニョ(72分)

「そうは言っても相手はJ1チームだし、ウチは怪我人だらけという状況だから、負け試合になるかもしれない・・・」試合開始前、実はそんな事を考えていたサポーターも少なくなかったのではないかと思います。
ところが今年のフロンターレは、さすがの強さです。格上のチーム相手に堂々と戦い抜き、見事勝利を収めました!
試合開始直後から「相手がJ1でも全然負けてないじゃないか」と観客を唸らせたフロンターレ。まず13分にコーナーキックからのゴール(コーナー→ヘディングのお手本のようなシュートでしたね)でリズムを掴み、カウンターで追加点を得て前半終了。2点を先制するという試合展開に、ハーフタイム中には早くも「次は鹿島戦だねぇ」なんて声が客席から聞かれました。が、さすがにそうは問屋が卸さず、後半に入り、システムを変えてきた神戸相手にバタバタする様子が見られると思っていたら、続けて2失点。同点に戻されたことで一瞬嫌な予感を覚えましたが、しかし、ここからがフロンターレの勝負強さの見せ所でした。選手一人一人から「絶対負けるものか」という声が聞こえてきそうな気迫溢れるプレーが続き、そして72分、ついにジュニーニョが待望の3点目をヘディングでゲット。その後も危ないシーンが見られましたが、無事守りきって勝利を掴むことが出来ました。
ハラハラするシーンもあったとはいえ、J1相手に見事勝ち星を挙げたことは、来シーズンへの大きな自信となったことと思われます。2連敗の嫌な雰囲気も、これで完全に払拭出来たのではないでしょうか。
またこの試合、下川選手、塩川選手が今季初スタメンとして出場していましたが、いままで目にすることが出来なかった彼らの活躍を見られたのも、嬉しいことでした。レギュラー陣の負傷は不安ですが、これを機会に控えの選手達にも頑張って欲しいものです。

そういえば、またジーコ監督が観戦に来ていたようですね。他にも多くの試合が行われている中、フロンターレ戦を選んで足を運ぶのは何故なんでしょう・・・

① 実力あるフロンターレの選手を代表に選ぶため、視察に来ている。
② 愛弟子である関塚監督の采配を見に来ている。
③ 単に家が近所だから来ている。

どれでしょうね。どれでもないかもしれませんけど。
天皇杯第4回戦(対神戸戦)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇、ジュニーニョ
MF:マルクス、飛弾、久野、憲剛、木村
DF:佐原、谷口、周平
GK:吉原

明日は、天皇杯第四回戦、ヴィッセル神戸戦です。
神奈川新聞でも、「けが人続出」とかかれてしまっていますが、それでも「勝つ」といきたいところです。

対する神戸は、先日の試合でJ1残留を決め、現在2ndステージの順位は8位につけています。そういう意味では、来年のフロンターレ最低限の目標である「J1残留」を占う試合ということになるのではないでしょうか。是非勝ってサポーターを喜ばせて欲しいところだと思います。

スコア予想は、3-2で川崎の勝利とします。
J1の試合を観て
土曜日は福岡まで観戦に行くことが出来ず、仕方がないので横浜国立競技場へ行ってきました。
マリノスVSジェフの試合を観戦したのですが「来年からはこの場所で、このチームと対戦するのかぁ・・・」とJ1昇格を改めてしみじみと実感したり、この会場をどれくらいフロンターレサポで埋められるだろうかと心配したり、なかなか試合そのものに集中出来ないような状態でした。が、実は、試合開始前、マリノスの選手紹介(スクリーンの映像&スタジアムDJの絶叫)を体験したときは、心の中で

「ここはウチの勝ちだな」

と、ニヤリとしてしまいました。(^_^;)

等々力で流れるあの映像は、やっぱりJリーグでも最高の格好良さですよね。
早くJ1の選手・サポーターにもあれを見せてあげたいなあ。




【第41節】アビスパ福岡-川崎フロンターレ●(2-1)
FW:ジュニーニョ、我那覇
MF:マルクス、飛弾、久野→匠、木村、憲剛
DF:寺田、谷口→黒津、佐原
GK:吉原

【得点者】
我那覇(25分)

残念ながら初連敗です。
怪我人も多いですし、アウェー2連戦でもあるので、苦しい試合だったとは思いますが・・・ここでもし勝てていたら、来期につながる自信となったことでしょう。それだけに悔やまれる敗戦ですが、しっかりと反省すべきところは反省し、次節からの糧として欲しいと思います。
試合は24分、エジウソンにゴールを決められた直後、すぐさま我那覇選手が同点ゴールを決め、1-1で前半終了。後半に入り追加点を切望する中、サイドを突破され逆にゴールを決められ、そのまま試合終了。先制され追いつき、結局負けてしまうというのは、前回の大宮戦と同じパターンでした。やはり先制点を許してしまうと苦しいですね。特にDFに怪我人が多い現在は、前半早い時間に失点してしまうと、その後の展開が非常に難しくなってくるように思えます。次からは是非、逆に早い時間に先制点を決めて、フロンターレらしいサッカーを見せて欲しいと思います。



第41節(対福岡戦)スタメン、試合予想
スタメン予想
FW:我那覇、ジュニーニョ
MF:マルクス、長橋、木村、憲剛、久野
DF:佐原、谷口、周平
GK:吉原

長かったJ2リーグ戦も残すところあと4試合となりました。シーズン前は、まさかこの時期にすでに昇格・優勝が決まっているとは思いませんでしたが...

さて、第41節の対戦相手はアビスパ福岡です。福岡の勝ち点は64。3位の山形の勝ち点が69ですから、残り試合数を考えると厳しい感じもしますが、福岡は最終戦にアウェイでの山形戦を残していますので、3試合で勝ち点2を詰めて、得失点差で上回っておけば最終節の勝利で逆転することが可能な位置にいるとも言えると思います。

そういった意味で、福岡はとにかくこの試合で勝ち点3を奪いに来るものと思います。フロンターレは今期対福岡3勝0敗ではありますが、うち2試合は1-0と最少得点での勝利ということもあり、決して油断出来ません。恐らく、周平の戻ってきた守備陣の出来が、今節も勝敗の鍵を握ると思います。連敗は是非避けて欲しいものですね。

スコア予想は、1-2で川崎勝利としたいと思います。
伊藤選手の怪我
先日の大宮戦で負傷退場した伊藤選手。オフィシャルで「外傷性気胸・右足挫滅創で全治2ヶ月」と発表されました。
「外傷性気胸」というのが聞き慣れない言葉だったので、どんな症状かな?と調べてみたところ、

外傷性気胸・・・胸部の強打等によって肺に穴があく気胸 。気胸とは、何らかの原因で肺に穴があき、肺の中の空気が胸膜と肺の間に漏れその空気によって肺が押されしぼんでしまう病気。『肺のパンク』。

・・・ものすごい痛そうです。

「交通事故などの外傷で肋骨骨折を起こし、それによって肺に傷がついて起こる事が多い」という説明もありました、つまりJリーグの試合は『交通事故並に危険』ということなのでしょうね。(大宮戦が特別激しかったのかもしれませんが)
伊藤選手には、ゆっくり時間を掛けて治療に専念し、また来年、元気な姿を見せて欲しいと思います。
それにしても、アウグスト選手、箕輪選手、相馬選手と怪我人が続いていて心配ですね。
サポーターには励ましのメッセージを送ることくらいしかできませんが・・・どの選手も、早く元気になってくれることを願います。

ナビスコカップ戦とフロンターレサポ
ナビスコカップ戦決勝。浦和レッズ対FC東京の戦いは、PK戦を制したFC東京が見事勝利を収めました。
この試合を観て、さすが、決勝戦ともなるとハイレベルの戦いだなぁ、とか、いつか自分が応援するチームもこの場で戦えるようになって欲しい、などと考えるのは、どのチームのサポでも共通でしょうが、おそらく川崎フロンターレサポ限定で多い感想としては、

①FC東京、一緒に昇格した仲だったというのに、強くなったものだ。
②最近まで、エメルソンはウチの選手だったんだよねぇ。
③来年から、あの赤い集団(選手のことではない)を、等々力に迎えなくてはならないなんて、大変だ。

というのがあったのではないでしょうか・・・

特に③。想像するだけで、ちょっと武者震いです。
今年あたりから観客動員数も増えてきているし、J1の試合だとなれば、観にくる人も増えるだろうとは思うのですが、頑張らなくてはいけないなぁと思います。
まずは今年の残り試合、精一杯応援することからですね。気合を入れていきましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。